浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

「浮気は二度としない」その誓いを守らせる再発防止方法

探偵東京ISM 探偵コラム 浮気と離婚の法律知識 「浮気は二度としない」その誓いを守らせる再発防止方法
  • 「二度としない」の守り方

「浮気は二度としない」その誓いを守らせる再発防止方法

浮気がバレたらする「二度としない」約束の守り方

 

「もう浮気は二度としない」という言葉を、あなたは信じられますか?

 

パートナーの浮気が発覚したら、当然、あなたはパートナーから「浮気はもう二度としない」と言われます。

しかし、その言葉を聞いただけでは、離婚をしないという選択とともに、夫婦関係の再構築を完全に信じ切るのは難しいでしょう。

愛しているパートナーだからこそ、パートナーを信じ、関係の再構築を望みたいわけですが、それが後になって(あだ)となってしまうことがあります。

せっかく再構築したのに、また裏切られてしまうかもしれないなんて、たまったものではありません。

今回は、パートナーの浮気が発覚して再構築の道を選び、「浮気は二度としない」と誓った際に、必ずしておくべき事をご紹介いたします。

今すぐ無料相談

 

法的に効力のある公正証書を書かせる

公正証書を書かせる

公正証書を書かせる

浮気後、再構築の道を選択したのなら、もう二度と浮気はしないという約束を、口約束だけではなく、法的に効力のある誓約書や公正証書の形で残しておきましょう。

公正証書の効力

法的に効力があるので、浮気したパートナーにはプレッシャーがかかりますし、残念なことに、もし再び浮気をしてしまった場合、その後の慰謝料請求や離婚問題などで揉めるリスクをある程度減らすことができます。

公正証書作成時の注意点

ひとつだけ注意したいのは、トラブルを減らすことができるものの、厳格な書類ですから、書いたことはなかなか(くつがえ)せないのです。

抜け道がないように作成してください。

専門家に確認

誓約書に問題がないか弁護士や司法書士などの法律の専門家に一度みてもらうことをおすすめします。

公正証書の記載内容を確認

誓約書や公正証書の内容としては、再び浮気をした場合には、離婚協議を開始することや、そのほかにも、慰謝料であったり、子供がいる場合には親権や養育費、財産分与などをどうするのかということを記すことになります。

公正証書に基づき誓約

また、浮気相手とは二度と接触しない、異性と浮気する目的で接触しないなどの誓約をたてさせます。

違約した場合の罰則

浮気相手に対しても共に誓約を立てさせ、違反が会った場合には違約金を請求するなど、罰則を設けた内容で誓約書を作りましょう。

公正証書の法的効力

誓約書や公正証書には、いつ・誰と・何度浮気行為に至ったのかという詳細な事実を、謝罪文とともに盛り込むことで、浮気したという事実の証明書とすることができ、離婚協議や慰謝料請求のときに効力を発揮します。

行動をしばらく監視し、パートナーからの行動報告を義務づける

行動報告の義務づけ

行動報告の義務づけ

誓約書や公正証書を書かせたり、浮気相手に対し慰謝料を請求した後であっても、何もしないで普通に生活していると、再び浮気をする可能性があります。

浮気関係はすぐには解消できない

一度できた「情」というものは、なかなか解消できません。

そうした傾向から、たとえ誓約書によって、浮気相手と二度と接触しないという誓いが行われたとしても、当事者たちからすれば、バレなければいいのですから、以前よりも巧妙なテクニックで密会を重ねる可能性は否定できないのです。

そのため、再構築してしばらくの期間は、パートナーの行動を常に把握しておく必要があります。

行動報告の義務づけ

こうした抜け道ができないように、しばらく家を出るときには「いつ・どこに・誰と・何の目的で・いつ帰って来るのか」などということを報告させるようにします。

それだけでプレッシャーがかかります。

再び浮気をしているか心配な方は、浮気診断方法、浮気をしているかもしれない時に押さえるポイントを参照してください。

スマホやパソコンのロックは解除

また、スマートフォンやパソコンなどのロックは、常に解除しておくか、パスワードを教えておくようにさせます。

いつでも確認できるようにしておけば、隠し事をすることがなくなります。また、履歴を消さないように言いつけておく方が良いでしょう。

いつでも確認できるといっても、見られる前に履歴を消してしまえば、普通は復元することができません。

不自然に消えているなど、そういった細かな点を見逃さないでください。

不自然な履歴等を見つけた場合やスマホがロックされている場合は、浮気チェック!ロックされた携帯電話やスマホを調べる方法を参照してください。

データが隠されているか分からない場合は、スマホアプリに隠された浮気の証拠をバレずに取り出す方法ですべてを確認することができます。

SNSの監視

メールやSNSならばログインパスワードをあらかじめ自分に知らせておくことで、リアルタイムに監視することができます。

この方法ならば、履歴を改ざんするというような手法は使えません。

行動を監視するアプリは、浮気防止アプリ9選!SNS&GPSリアルタイム監視機能付きを参照してください。

監視の注意点

監視ですが、あまり長い期間続けない方がよいです。

長く続けると、浮気したパートナーは自尊心が傷つけられ不信感を持ち、もう修復できないという気持ちに(さいな)まれます。

また、監視されることで窮屈な生活をしていると感じることにつながり、せっかく再構築した夫婦仲も悪化してしまい、望まない結果になることもあります。

パートナーの性格を考慮した上でどこまで監視するのか考えてください。

生活を変えることで浮気再発を予防する

生活を変えることで予防する

生活を変えることで予防する

浮気の再発防止法

単に叱ったり、誓約書を書かせたり、監視したりするのでは、完全な問題の解決にはつながりません。

問題を特定する

浮気をするのは、必ず何かしらの原因があります。

それは例えば夫婦生活に原因があったり、浮気した本人の性格に問題があったりとさまざまですが、全体を見れば、浮気相手に心のすべてを奪われたという場合は少なく、たいていの浮気は「遊びだった」という言葉を聞きます。

ということは、恋愛的な問題ではなく、本人や夫婦関係に何かしらの問題があることが推察されます。

(ゆる)すことから始まる

浮気をされたから、どうしても今まで通りに接することができないという気持ちもよくわかります。

しかし、パートナーを遠ざけていては、パートナーは自分の居場所がなくなってしまいます。

時宜を見て、浮気を赦されてみてはいかがでしょうか。

人は、許されて初めて、自らの(あやま)ちに気づくものです。

寂しい思いをさせていたという自覚があるのなら、なおさら、少しでも相手に接する時間を増やしてみてください。

性格と過去をちゃんと知っておこう

問題が起こった時は、話を深める機会でもあります。それは、浮気の問題も例外ではありません。

今まで話してこなかったことや、普段は話しづらかったことなど、話す機会がなかった事柄について、膝を詰めてとことん話し合ってみましょう。

性格は育ちにも影響されます

本人の性格についてですが、幼少期における愛情に関するトラウマがある場合もあります。話し合ってみて、原因が過去にあることが窺われるならば心理の専門家に相談することをおすすめします。

浮気の原因を特定できないのであれば、治らないパートナーの浮気癖を確実に直す方法も参照してみてください。

問題は遡れば必ずその根があります

浮気の問題を表面的に解決するのでは、仮に浮気が再発しなかったとしても、いづれ何か別の問題が発生します。

浮気を根本的に解決する方法は、浮気を100%スッキリやめさせる方法を参照してください。

浮気再発の予防のまとめ。生活の改善と法的対処が効果的

パートナーの浮気を受けて再構築を選択したとき、ある程度警戒する必要があります。

「浮気は、二度としない」

口約束だけでは、時間の経過とともに「まだ一回目だから大丈夫」「一回目は許してくれたから大丈夫」という慢心の気持ちが出てしまいやすいく、浮気の再発に繋がることもあります。

しかし、こうしたケースにおいては、法的に対処するということを誓約書の形でちらつかせたり、行動やSNSを監視することでパートナーにプレッシャーを与えることができます。

プレッシャーは、(浮気への一歩を、今、思いとどまれるか。)そのストッパーとして作用します。

しかしながら、それだけでは表面的な解決に過ぎません。

浮気の解決には、夫婦関係の問題や、本人の心の傷に気づくことが重要となります。

「浮気は二度としない」を守り続けることをお考えの方へ

「二度としない浮気」が再び繰り返されないよう、何ができるでしょうか。

浮気は相手だけの問題ではありません。特に関係の再構築をする場合は、家族としてその問題に取り組んで行く必要があるのです。

多くのケースに見られるのは、「浮気したから100%相手が悪い」という言葉です。

しかしながら、もし、浮気をする以前の生活ではどうでしょうか。

浮気以前のこれまでの生活について、反省をしてみると、「ありがとうなんて、全然言ってなかった」「自分の話をすることもなく、相手の話も聴こうとしていなかった」そんな光景を思い返される方もいらっしゃいます。

浮気をした事実は変えられません。まぎれもなく浮気をした側に非があります。

しかし、原因の根はもしかすると、あるいは木の根のように地中深く、見えないところに、広がっているかもしれません。

 

夫婦関係の再構築を望まれる方は、そのきっかけとして夫婦カウンセラーに相談をされてみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料相談