浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

「別れたくない」を叶える、心の琴線に触れる謝り方

ISM調査事務所 探偵コラム 男女関係トラブル防止 「別れたくない」を叶える、心の琴線に触れる謝り方
  • 別れたくない

「別れたくない」を叶える、心の琴線に触れる謝り方

別れたくない。本気で浮気を謝りたい。

「もし、浮気なんかしなくて、君と、あのままつき合っていたら、どうだったかな。」

 

浮気をしてしまった人の中には、パートナーに「別れたい」と告げられて、初めて自分が犯してしまった罪の重大さがわかったという方もいるでしょう。

別れると伝えられたが、浮気に後悔し、別れたくない一心でたまらないとき、どのようにしたら別れないで済む可能性を高められるのでしょうか。

今回の記事では、謝り方に焦点を絞り、具体的にどのようなアクションを起こしていけばよいのかを紹介します。

 

謝罪の効果と謝り方

謝罪の効果と謝り方

謝罪の効果と謝り方

謝られる感じる気持ちの変化

適切に反省の気持ちが伝えられた場合、相手には次のような変化が起きます。

  • 怒りや憎しみの軽減
  • 悲しみ、驚きといったショックの緩和
  • 改善してへの期待

上手な謝り方のプロセス

自分に責任がある場合は、以下のような謝り方を基本として覚えておいてアレンジをするといいでしょう。

  1. 自分に非があることを認め、お詫びの言葉を述べる
  2. 自分に責任があることを認める
  3. 今後の対策について話す
  4. 相手の感情を思いやる
  5. 最期にもう一度お詫びの言葉を述べる

直接謝って誠意を示す

直接謝って誠意を示す

直接謝って誠意を示す

恋愛サイトなどで紹介されている謝罪の仕方として、お金をあげたり、パートナーが欲しがっているものをあげて、許しを乞うというのは、確かに一定の効果はあるのでしょう。しかし、勘違いしてはいけないのは、裏切りを受けたパートナーが求めている事は、決してお金やモノではないということです。

心からの反省の言葉

「許して欲しいなんて思わない。けれど、失って気づいたことがあるんだ。君の笑っている顔が、心から離れない…」

 

パートナーが求めているのは浮気をしてしまったあなたの反省の言葉なのです。

確かに世の中には、一度でも浮気が発覚すれば、問答無用で別れるという考えをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それはある意味で「今後もまた浮気をして、再び傷ついてしまうことに対する警戒心」から来ているのではないでしょうか。あるいは裏切りを許せない自尊心の高さのゆえかもしれません。

反省の確証

しかし、浮気は、たとえたった一度でも別れるという言葉の裏側には、二度と浮気は無いという確証が欲しい、と解釈もできるように思います。

対面して素直に謝罪する

人間関係のマナーとして当たり前のことなのですが、間違ったことをしてしまったら素直に頭を下げて謝ることが一番です。

打算的に聞こえてしまうかもしれませんが、言うまでもなく早ければ早いほど効果はあるのでしょう。

SNSでの謝罪はNG

近年ではチャットの形式で手軽に会話を楽しむことができるLINEやFacebookなどのSNSサービスが発達するに伴って、人間関係のマナーが悪化しているという声を聞きます。

何かミスをしてしまったとき、面と向かって謝ることもなく、SNSで軽く「ごめんね〜(^-^;」のように絵文字などの装飾を加えて謝って終わりにする人が増えているのです。

当然のことながらこれはだめな対処法です。

誠意ある対応ではないどころか、相手を侮辱しています。

まさかこのようなことをする人はいないでしょうが、念のために付け加えておきました。

具体的な行動で誠意を示す

具体的な行動で誠意を示す

具体的な行動で誠意を示す

「口で言うよりまずは行動で示せ」「判断に困ったらその人の行動を見よ」「或る人の人となりは、その人の過去の行動を見ればわかる」などという言葉がありますが、これらが指し示すように、他人の信頼を勝ち取るためには、必ず行動や成果が必要になります。

しかし「私に長い棒と足場を与えてくれるなら、地球をも動かしてみせる」実現に尋常ならざる労力を要することであっても、言葉ならすぐに表すことができてしまいます。

こうしたことは誰にもよく理解のされているはずです。

以下についてのテーマは、自分から進んで約束するという事です。

自分から制約を作る

ですから直接謝って、相手に別れるということを踏みとどまってもらえる事になったら、”もう二度としない”という誓いをより現実的なものにするために、いくつかの約束を立てるのです。

再構築するとなると、パートナーから浮気再発防止のためということで、いくらか生活に制限をされる事となることが多いのですが、自分からその制限を提案するのです。

自分自身の成長にもつながる

浮気をしてしまうのには、単純に浮気の機会となる問題のほか、アダルトチルドレン(AC)であったり、対人関係にトラウマがあるなど、さまざまな原因があるとされますが、たいていの人に共通するのは、きつい言い方になりますが、「幼稚で自分中心に物事を考える」という癖を持っていることだと言われます。

このような癖は、パートナーに制限されてはじめて守るというよりも、自分でどうすればよいか考えて自分から律しようとする姿勢が大切だと考えられます。そのため、自分で制限を課すことで自分自身を成長させることが見込めます。

ルールを作る

浮気された側が求めているのは、反省と謝罪、そして信頼の回復です。

信頼されるためには、できるだけすべてを明かし、隠し事を極力減らさなければなりません。

透明性を意識する

スマートフォンやパソコンなどはパスワードを外すか、教えておくなどして、見せるように言われたら快く応じる、外に出かけるときは”どこへ行くのか、どうして行くのか、誰と行くのか、いつ帰ってくるのか”を会話の中に自然と伝えてみるといったことがよいでしょう。

すべてを見られているようで息苦しさを感じるかもしれませんが、信頼を取り戻すためには必要な痛みなので頑張って耐えるしかないでしょう。

また、GPSアプリでいつでも自分の居場所を見られるようにしておくというのも、信頼を取り戻しやすい行動のひとつであるといえます。

誓約書を書く

誓約書は法的に効力があるため、口約束とは違いプレッシャーを自分に課すことができます。

誓約書の約束を破ってしまえば、いよいよ本当に離婚になってしまったり、慰謝料を請求されるなどの事態になってしまいます。

こればかりは、文章通りにことが進むのでどれだけ謝り倒しても覆ることはありません。

誓約書がなければ、「なんとかなるからいいや」で済んでいたかもしれませんが、誓約書を一度書いてしまえば後戻りはできません。

そのようなことからも強い浮気再発防止の効果が見込めます。

やり過ぎはかえって毒になってしまいますが、厳しく自分を律することで自分を変えてゆける側面はあるでしょう。

心の琴線に触れる浮気の謝り方のまとめ

単に謝るだけでなく、具体的な浮気再発防止策である、厳しいルールを作ったり、誓約書を書くことで、”浮気をもう二度としない”という言葉にリアリティをもたせることができ、許してもらえるチャンスは確実に増えるので試してみてください。

そこまでやれば、もう二度と浮気をしたくなくなると思います。

  • 直接謝ることで誠実さをアピールする
  • 具体的な策を講じることで今後はしないという言葉にリアリティをもたせる
  • 絶対にしない!泣き言
  • ルールを自分から提案して印象アップ
  • 誓約書を書き、法的に根拠をもたせてプレッシャーを与える
  • 女性は「人間的な謝罪」を、男性は「現実的な修正や訂正」を求める
  • 謝ったあとは喜ばせる事に目を向ける
  • 友人に自分の愛情を伝えてもらう

誤ったことをしっかり謝りたい方へ

自動車の事故ではありませんが、それぞれに意思をもって活動している以上、どちら一方が無過失であった100%どちらかが悪いという事は起きえません。

また、相手の非を責めることは容易く、自分の非を認めることは難しく、それはある意味では「負け」を連想させるものでさえあります。

しかし、それは本当に負けと言えるのでしょうか。

たとえば、自分に非があることを知りつつもそれを否定し、相手に一方的な謝罪を求めることが目的であり「勝ち」というならば、その関係が誤った方向に進んでいくことは避けられないでしょう。

たとえ、会社などの組織や、また国でさえ、時に誤った決断を下すこともあります。もし謝りを認める事が無ければ、会社であれば倒産します。家庭であれば崩壊します。

私たちはとても誤りやすい存在なのです。それなのに、そのすべての関係において、自分の誤りを聴くことができているでしょうか。

謝ることは「負け」ではありません。

誤りから学び、きちんと謝ることで、初めて正しい方向に進めるのです。他人からの信用と本当に叶えたかった目的を得られるのです。

もし、行き詰まるような、課題や問題を抱えているのであれば、たとえどんなことも私たちが解決させていただきます。お気軽にご相談くださいませ。