浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

LINEは浮気の証拠にならないって本当?LINE証拠に効力を持たせる方法

浮気調査 探偵コラム 浮気調査の方法 LINEは浮気の証拠にならないって本当?LINE証拠に効力を持たせる方法
  • LINEは浮気の証拠にならないが補完証拠として役立つ

LINEは浮気の証拠にならないって本当?LINE証拠に効力を持たせる方法

LINEを浮気の証拠として利用する方法

配偶者の浮気問題というのはどんな時代でも夫婦を悩ませる問題の1つです。
しかし時代の変化とともに、浮気相手との連絡手段は変わります。

今日において、浮気相手との連絡手段はやはりスマホがメインです。
その中でも今は人気アプリLINEを浮気相手との連絡に使う人が増えてきています。

芸能人や政治家の不倫スキャンダルもLINEの流出によって発覚するケースが多いですよね。

そのせいもあり、LINEのやり取りが浮気の証拠になると思っている方が多いのですが、LINEは浮気の証拠となり得るのでしょうか?

LINEは浮気の証拠になるorならない?

結論から言うと、LINEだけでは浮気の証拠にはなりません!
明らかに肉体関係があることを匂わせるやり取りをしていたとしても…です。
なぜか?と言うとそれは浮気には法的な定義があるからです。

配偶者以外の人物と複数回に渡り肉体関係を持つ

これが法が定める浮気、つまり不貞行為です。
これを証明しないことには、浮気の証拠とはなり得ないのです。

LINEでの会話だけなら「バーチャル恋愛」「ふざけていただけ」などと言い逃れも可能です。

実際、LINEのやり取りだけでは離婚調停や離婚法廷では勝つことができません。
法的な浮気の定義を満たす証拠というのは以下のようなものです。

・ラブホテルに出入りする画像や動画(異なる日付のものを複数回分)
・配偶者の自供(デジタル機器ではなくアナログ機器による録音・録画が望ましい)
・探偵事務所が作成する調査報告書

これらが、離婚調停や離婚裁判においても効力のある確実な証拠なのです。

ではLINEの証拠は意味がないの?というとそうでもないのです。

LINE上のやり取りやツーショットの画像は状況証拠となり得ます。

状況証拠は単一では有力な証拠になりませんが、複数組み合わせることで効力が発揮されるのです!

配偶者のLINEのあやしいやり取りを見つけた時の対処法!

先ほどもお話した通り、配偶者と浮気相手のLINEでのやり取りは状況証拠になります。
ですから、もしあやしいやり取り(肉体関係があることを示唆する会話や、デートの約束など)を見つけたら以下の方法で保存しましょう。

スクリーンショットを撮る

スマホによって操作方法は違いますが、表示されているスマホ画面を撮影することが出来ます。
スクショ画像はスマホ内のアルバムに保存されますので、その画像を自分のスマホに転送しましょう。

もちろん配偶者のスマホのスクショ画像は削除して、転送した事がバレないよう履歴はしっかり削除することを忘れないようにしましょう。

LINE画面を自分のスマホで撮影

スクショのやり方がわからないという方、画像添付がわからないという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、自分の携帯電話でLINEの画面を撮影しましょう。
画像の質は落ちますが、それでも状況証拠としてなら十分事足ります

LINEの会話を転送する

LINEの会話を自分のIDに転送します。しかし全会話を転送するのには時間がかかりますので、スクショか画面撮影の方が効率がよいでしょう。

LINEでは、会話を転送してもそれが履歴として残ることはありません。

 

配偶者のLINEで怪しいと思うやり取り、もしくは画像や動画が出てきたらぜひ以上のいずれかの方法で保存しましょう。

配偶者のLINEをチェックする時のポイント

配偶者のLINEをチェックしてみたけれど、怪しいものはないみたい・・・
そんな風に安心するのは早いかもしれません。

浮気をしている人は配偶者にバレることを恐れ、用心深くなっています
そのため、スマホ自体にロックをかけていたり、帰宅前には必ず浮気相手とのやり取りを消す人がほとんどでしょう。
そこで以下の点について注意深くチェックしてみましょう。

ポップアップ

ポップアップがオフになっていると、浮気相手からLINEが来てもメッセージがスマホのホーム画面に表示されません。
LINEをチェックする時は、まずポップアップが設定されていないか確認しましょう。

非表示リスト

LINEは特定の相手からのメッセージを非表示にすることができます。
非表示リストは、LINE左下の「人物マーク」をタップし、左上の「歯車」の形のマークをタップします。そのまま下にスクロールして「友だち」をタップ。
そうすると「非表示リスト」が閲覧できます。
浮気相手のLINEを非表示にしている人は多いもの。
また、家にいる時、配偶者と一緒にいる時は浮気相手を「ブロック」する人もいるので、非表示リストの下の「ブロックリスト」もチェックしましょう。

同性の友だち

浮気相手の名前を同性に変えて登録している人も少なくありません。
LINEでは最後に会話した友だちの名前がトーク履歴の上に方に表示されます。
頻繁にやり取りしている人はいないか、同性や会社名も含めてチェックするとよいでしょう。

スタンプ

LINEには実に様々な種類のスタンプがありますよね。
配偶者がダウンロードしているスタンプをチェックしてみましょう。

男性の場合、浮気相手の女性に送るためにいかにも女性が好きそうなキャラのスタンプをダウンロードしている可能性があります。
スタンプは設定をタップした後、スタンプをタップすることで確認できます。
購入履歴も閲覧することができるので併せてチェックしてみましょう。

以上がLINEをチェックする時のポイントです。
ぜひこれらの点に重点をおいてチェックしてみましょう。

LINEを法的に効力があるレベルまで高めるには?

LINEでの会話や画像などが浮気の確実な証拠にならないこと、はわかっていただけたかと思います。
しかしLINEの証拠も使い方によっては、法的に効力のあるレベルまで高めることができます。
LINEのやり取りや画像は、単独では確実な証拠にはなりませんが他の状況証拠とあわせることで効力を発揮します。

  • 浮気相手との通話やメールの記録
  • クレジットカードの履歴
  • ホテルやレストランの領収書
  • 車内に残っていた頭髪やイヤリング
  • ドライブレコーダー
  • カーナビの履歴
  • 浮気相手からの手紙やメモ
  • GPS位置情報記録

などをできるだけ集めましょう。
しかし、深追いは禁物です。
配偶者が疑われていることに気づいてしまうと、行動を自重したり、浮気の証拠を隠滅する可能性が高いからです。

また、確実な証拠がない段階で配偶者を問い詰めることも絶対にしてはいけません。

法的な浮気の定義を満たす証拠がなければ不貞行為を理由に離婚を求めることや慰謝料請求することはできません。

配偶者が浮気をしている場合は離婚も視野に入れているという方は、まずは事実を明かにに確実な証拠を入手するのが先決です。
自力での浮気調査は想像以上に精神的苦痛を伴うものです。
その上、成功率は決して高くありません。

迅速に、そして確実に浮気の証拠が欲しい!という場合はやはり探偵事務所に依頼するのが最善策でしょう。
調査料金はかかりますが、慰謝料で相殺もしくはプラスになります。
また、優位な条件で離婚をすることもできますから自分の未来に対する先行投資、という考え方もできますね。

配偶者が浮気してる?と悩んでいる方へ

いかがでしたか?
今回は「配偶者が浮気?LINEは証拠にならないってホント?」というテーマでお送りせていただきました。

ISM探偵事務所は、予算内で調査を行ったり、リアルタイムで調査の経過を報告するなど、依頼者に寄り添ったサービスを提供しています。
弁護士と提携していますので、調査終了後のフォローも万全です。

誰にも話せず悩んでいるという方は、一度無料相談を利用されてみてはいかがでしょうか?
相談は24時間匿名で可能です。