浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

ダブル不倫をするメリットと発覚後のトラブルとは

浮気調査 探偵コラム 男女関係トラブル防止 ダブル不倫をするメリットと発覚後のトラブルとは
  • ダブル不倫をするメリットと発覚のトラブル

ダブル不倫をするメリットと発覚後のトラブルとは

ダブル不倫のメリットとトラブルとは

今、なぜダブル不倫が増加してきているのでしょうか

ダブル不倫とは、既婚者間での浮気関係をいいます。両者が共に不倫をしているからW不倫という事です。

W不倫は、お互いに家庭があるために、発覚すれば通常の不倫よりも大きなトラブルに巻き込まれがちです。両者とも家庭という社会的地位を持つと共に、子どもがいる場合もあるでしょう。

しかし、リスクがあるにもかかわらず、W不倫がはびこるのはなぜでしょうか。何かW不倫ならではのメリットがあるはずです。

今回の記事では、W不倫をする側の論理として、そのメリットをお話した上で、今度はリスクとして、起こりうるトラブルを紹介していきたいと思います。

W不倫特有のメリットと発覚のトラブルを知ることで、ダブル不倫の問題をより深く理解できるでしょう。

 

W不倫特有のメリット

ダブル不倫のメリット

ダブル不倫のメリット

不倫関係を維持しやすい

不倫関係としてお互いを割り切ることでバランスを取りやすくなります。

他方、不倫相手として未婚者を選んだ場合では、別れるなどといった差し迫った状況において「別れるなら全部を打ち明ける」など、ただの不倫対象でしかなかった相手に思いもしなっかったカードを切られることもあります。

W不倫の場合、お互いに家庭があることを知っていますから、お互いにダブルスタンダードとでもいうべき正当化をして、その均衡を崩そうとはしません。

未婚者との不倫では、どうしても未婚者側は寂しさを感じやすい状況にあり、不安定な関係になりがちですが、W不倫の場合両者に帰る場所があるので不安定になることを避けることができるのです。

バレさえしなければ、快楽をともにでき安心できる関係であるということです。

家庭がうまくいかないときの避難所

パートナーと喧嘩したりするなどして自分の家庭がうまくいかないときには、不倫相手という避難場所が用意されています。

ストレスの発散場所がありますから、喧嘩などしても比較的精神を安定させて生活することができるため、パートナーとうまくやっていける確率が上がり、結果として(表面上は)円満な家庭を作ることができます。

不倫のメリット

念のために紹介しておきますが、一般に不倫することで得られるメリットの代表例として、刺激を受けることができるというメリットがあります。

結婚関係がマンネリ化すると、パートナーに魅力を感じなくなりますが、そんな中で出会った不倫相手というのはとても魅力的な存在に見えるのです。

俗な言い方をすれば、新鮮な気持ちで恋愛をすることができ、日々の生活に彩りが出るということです。

W不倫が発覚したときに起きるトラブル

W不倫のリスク

W不倫のリスク

W不倫はお互いに家庭がありますから、発覚すれば、それはすなわち2つの家庭の崩壊を意味します。

不倫していた二人はそれぞれ自分の家庭の人間から、相手の家庭の人間から訴えられうる状況に陥ります。

W不倫は一般的に事態が深刻であると判断される場合が多いので、離婚という選択をすることが多いでしょう。

慰謝料の請求が高額になりがち

離婚をする際など慰謝料の請求などを考えられる方もいらっしゃると思いますが、不倫による肉体関係という不貞行為が明らかになるまで、生活をともにしており、不倫の発覚が原因で家庭が崩壊したという場合には、慰謝料の請求要件を満たします。

また、単純に被害者の人数は、W不倫でない場合に比べて多くなりますから、慰謝料はその分高額になりがちです。

さらに、慰謝料は不貞行為の期間や回数、どれだけの被害を及ぼしたか、というような項目で算定されますから、子供がいれば当然その分高額になります。

百万円単位で請求されることが多く、よほどお金に余裕がある人以外は支払いが困難になることでしょう。

もし慰謝料を払えないというのなら分納などの方法もあるのですが、それでも払えないとなれば給料差し押さえとなるなど悲惨な末路が待っています。

また、慰謝料の相場やその基準について知りたい方はこちらを参照してください。

さらに、不倫を先導していた側は慰謝料高くなりますので併せてこちらもご確認ください。

養育費の問題

不倫発覚によって離婚する際に、子どもがいれば、必ず親権はどちらに渡すのかを決めなければなりません。

自分が親権を獲得しなければ、当然不倫をした側に責任がありますから養育費を払っていかなくてはなりません。

W不倫で一般的な不倫よりも高額な慰謝料を請求されているのに、それに加えて子どもを失い養育費を支払うなどという事態になる可能性もあるわけです。

では、親権を自分が獲得すればいいのではないかという意見もあるでしょう。

確かに、親権を取る要件として子供が十分に成長していない場合は、夫婦のどちらかが経済的であったり生活環境的に、適格な条件を満たすほうに親権が渡るということはあるのですが、実際自分の子供が成長したときに自分の行いを説明できるのでしょうか。

不倫した人間が親権を獲得することを否定するものではありませんですが、「自分を育ててくれた親は、過去に不倫で家庭を崩壊させている」という事実は子供を苦しめ、アイデンティティの喪失に繋がってしまいます。

子どもにとって、親が犯罪者でないことより、家族を傷つけた裏切者でないことを望みます。

浮気や離婚が子どもに与える影響やアイデンティティの問題についてはこちらを参照してください。

離婚を考える場合は、離婚する子どものためにできることをご参照ください。

W不倫が発覚したときに特有なトラブル

W不倫は、不倫関係を割り切って付き合う事によって、バレずに長期間継続することが多いです。

しかい、W不倫が発覚したとき、両者に家庭があるという事実が深刻なトラブルを引き起こします。

  • W不倫はお互いに社会的立場を持つことを認識しているため、より悪質であり、慰謝料なども高額になる
  • ほとんど場合は離婚するので、慰謝料に加えて親権や養育費の問題などが生じる
  • W不倫は家庭がうまくいかない時の避難場所を提供するため、夫婦関係を良好に保ちやすい
  • W不倫はお互いに立場をわきまえており、未婚者との場合に比べて関係が崩れにくい

ダブル不倫の解消についてお考えの方へ

ダブル不倫は、バレにくく、バレたらより大きな問題になるという事実と、インモラルを共の共有する愉しみとが合わさったものです。

不倫関係の解消は早ければ早いほど誰の傷も浅いままで済みます。

そのためには、浮気の兆候を行動の変化から察することが大事です。そしてもし、不倫を疑うような言動がある場合、浮気しているかもしれないときに押さえるポイントを確認してみてください。

不倫は人間関係の問題でもあるため、きちんとした対応が必要です。徒に済まそうとすると却って問題を複雑にする場合も少なくありません。

もしお悩みの事があるようでしたら、ぜひご相談くださいませ。