浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

婚前調査で、結婚前のパートナーに発覚した浮気の解決法

ISM調査事務所 探偵コラム 男女関係トラブル防止 婚前調査で、結婚前のパートナーに発覚した浮気の解決法
  • 婚前調査で浮気が発覚したら?

婚前調査で、結婚前のパートナーに発覚した浮気の解決法

婚前調査で結婚前の婚約者に浮気が発覚したらどうするか

結婚前に婚前調査を行う事がありますが、配偶者となるパートナーの素行問題があることもあります。交友関係はもちろん過去の女性歴なども明らかになるため、当然、婚約中に浮気をしているようであれば、それも明らかにされます。

パートナーと結婚する前(婚約している状態)にパートナーに浮気などの問題が発覚した場合、どうすればよいのでしょうか。

法的に対処することはできるのか、どのようにするのが一番良いのか、そんな疑問にをお持ちの方もいらっしゃると思います。

今回は、婚約しているときにパートナーの浮気が発覚したとき、どのようにしたら良いのかということを紹介していきます。

婚約中の浮気で慰謝料を請求できる場合とは

婚約中の浮気で慰謝料を請求できる場合

婚約中の浮気で慰謝料を請求できる場合

婚約とは

婚約している、という状態の定義をあらかじめ確認しておきます。

婚約している状態とは、口約束で結婚を約束していたり、婚約・結婚指輪のやり取りがある、結納が行われた、結婚式場を決め始めている、というように、結婚に向けて具体性を持ったアクションがある状態のことをいいます。

婚約中の浮気と慰謝料

婚約中に浮気が発覚して別れる際には慰謝料を請求できることがあります。

慰謝料を請求するケース

慰謝料を請求できる場合とは、婚約者が浮気したことが原因で婚約破棄に至った場合で、なおかつ浮気したパートナーが浮気相手と肉体関係を持っている場合をいいます。

結婚・婚姻状態にあるパートナーが、結婚・婚姻相手以外の異性と肉体関係を持つ行為を法律的には不貞行為と言います。

また、浮気相手に慰謝料を請求するためには、「浮気相手が、パートナーが結婚婚約をしていることに注意しても気づかなかった」場合である必要があります。ざっくり条件を言えば、浮気相手に故意過失があったかということが基準になります。

損害賠償を請求するケース

婚約相手が他の異性を好きになったので婚約を破棄したいと主張する場合がありますが、肉体関係を持っていないというのなら、それは浮気であるとは言えず、婚約不履行として、婚約不履行に対して損害賠償を請求することになります。慰謝料ではないのです。

慰謝料を請求されるケース

パートナーの浮気相手が既婚者であった場合、パートナーに対し慰謝料が請求される場合があります。もし仮に浮気相手の配偶者に慰謝料を請求された場合、その後、パートナーと結婚すれば、当然夫婦でその慰謝料を支払っていかなくてはなりません。

このような場合は結婚するという選択は難しいでしょう。パートナーがその浮気相手と子供を作っていた場合は言うまでもありません。

結婚前の浮気の対処法

結婚前の浮気の対処法

結婚前の浮気の対処法

不貞行為の証拠をつかむ

婚約相手が浮気しているとわかったとき、裁判所などへの法的な対処をする前に、不貞行為の確固たる証拠を用意する必要があります。

証拠が無いと

この証拠なしに法的にアクションを起こすと、「単なる言いがかり」だと言われ、主張が認められないどころか、却って婚約者に名誉毀損で訴えられることにつながってしまいます。

証拠とは

法的な証拠として有用なものは、婚約者が浮気相手と連れ立ってラブホテルに入っていく様子を撮影した写真などが挙げられます。

探偵や興信所に依頼する理由

自分で浮気調査をすることもできるのですが、素人が証拠をつかもうとすると失敗する可能性が高いことや、浮気現場を見ることから受ける精神的負担が多いく、さらには直接的な関係者であることからトラブルになることも少なくなりません。

多少高い費用を払ったとしても、自分で調査をするリスクと手間を考えれば、探偵や興信所に依頼したほうがよいでしょう。

調査のプロですから相手に発覚してしまう心配もなく、短い期間で必要な成果を期待できます。

婚約破棄する場合、結婚にかかる費用は返してもらう

結婚にかかる費用は返してもらう

結婚にかかる費用は返してもらう

婚約費用は回収できます

もし浮気問題に折り合いをつけて結婚するのならよいのですが、そうではなく結婚を取りやめ婚約破棄をするというのなら、それまでにかかった費用はすべて返してもらいましょう。

婚約や結婚に向けて支払った費用

婚約・結婚指輪をプレゼントしているのなら返してもらうかその代金を払ってもらいます。結納品を返してもらうなど、損をしないようにしてください。

他にも結婚式場のキャンセルなど費用がかかったものなどすべて返してもらいましょう。

婚約費用や慰謝料の支払い方法

慰謝料にも言えることですが、一括で返すのが難しい場合は分割払いになりますが、その際には公正証書という法的に効力のある書面に一筆書いてもらいましょう。そうすることで、逃げられたりして損することを防止することができます。

契約不履行の場合、本人の口座や給料を強制的に差し押さることができます。公正証書の作成ですが、弁護士や司法書士などの専門家のアドバイスを受けることで抜けや漏れを防ぐことができるので、当所にご相談ください。

結婚する場合の注意点

結婚を選ぶなら注意しておきたいこと

結婚を選ぶなら注意しておきたいこと

婚約中の浮気を許して結婚するといっても、婚約者は一度浮気をしていますから、今後も継続的に注意していくことが必要です。

ルール作り

浮気の再発を防ぐために出かけるときには、浮気解決のタイミングでルールを作って置くことをお勧めします。

  • 行き先、出かける目的、いつ返ってくるのかを必ず連絡させる。
  • スマートフォンやパソコンなどにパスワードをかけない。
    • かけたとしても、パスワードを共有するなど、いつでも見られる状態にしておく。
    • 見せてと言われたら必ず見せること。

というように浮気できない状況を作っておきましょう。

浮気相手からなるべく遠ざける

まずは浮気相手とは絶対に接触させないことが大切です。

一口に浮気と言っても、原因には本人の性格的問題であったり、アダルト・チルドレンの問題であったり、生活がうまくいかない、などのさまざまな理由が考えられますから、思い出は美化されると言われる通り、浮気相手と接触することで、浮気相手との交際に流れやすくなります。

浮気の原因となった問題を解決する

根本となる原因を取り除かなければ再び浮気することにつながってしまいます。2人だけの話し合いで本心から解決できたと感じられない場合は、心理カウンセラーを頼ってみるのはどうでしょうか。

結婚前のパートナーに発覚した浮気の解決法のまとめ

婚約者が浮気しているとわかり、婚約破棄をする場合は、当然かかった費用などは全て返してもらいましょう。

その際には逃げ道を作らないように公正証書など証明書を作っておくことをおすすめします。

結婚するにしろ、浮気には必ず人間関係の原因がありますから原因となった物事を特定する分析を怠らないようにしてください。

無料相談で調査を依頼するか確認する

不倫調査について詳しく知りたい方・無料相談する前に確認したい方

婚前調査は結婚後の生活を安心して送るために、婚約時など結婚前に配偶者の素行調査という形で実施されます。

依頼者様としては、配偶者となられる方だけでなく、そのご親族様より頂く場合も少なくありません。

この結婚調査が行われる理由としては、婚姻関係を結ぶ配偶者の人となりのすべてを僅かな面識だけで把握することは難しいという事が挙げられます。

結婚をすれば、調査対象となる配偶者様も、皆さまと同様に親族に加わるため、その名に相応しいか、或いは家名を汚すような振る舞いをすることはないかなど、広範にわたる調査を実施します。

学歴や仕事はもちろん、少年期から交友関係や犯罪歴を調査し、その他、女性関係の問題、お金の使い方・借金の有無、両親の仕事などをご報告させていただきます。

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

裁判をすることだけが選択肢ではありません。

浮気調査の探偵

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内

 

2016/09/25-7:07|カテゴリー: 男女関係トラブル防止|タグ: , , |コメント 0件