浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

浮気者の人間性と浮気をしやすい状況

ISM調査事務所 探偵コラム 男女関係トラブル防止 浮気者の人間性と浮気をしやすい状況
  • 浮気をする人の人間性とその状況

浮気者の人間性と浮気をしやすい状況

浮気をする人の人間性と浮気をしやすい状況とは

浮気をする人とはどのような生活を送り、どのような考え方をもって生きているのか、という疑問をお持ちの方は少なく無いと思います。

浮気について、これは恋愛の問題であるから男女で差がある、という方もいますが、浮気については男女の差というよりも、交際状況や性格のほうが要因としては強いものだと考えられます。

今回は男女の差についてはあまり触れずに、交際状況や性格をもとに浮気する人の人間性や浮気しやすい状況について分析していきたいと思います。

人間として精神面がまだ未熟である

人間として精神面が未熟

人間として精神面が未熟

浮気を何度も繰り返したり、罪悪感を抱かないという場合、それは浮気をする人が精神的にまだ未熟であることを示唆するといえます。

たとえ、浮気をすることで傷つく人がいるということが、理屈だけでなく心の面でもわかったとしても、浮気を繰り返してしまうのであれば、結局は自分のことしか見えていません。

特に社会性という部分が、まだまだ成長していないということがいえます。

外を歩いていると、公園などで子供が遊んでいる光景をよく見かけますが、その子供たちは、時々前を見ておらず、色々な物や人にぶつかったりすることがあります。

時として、車が走っている車道に出て行ってしまうことだってあります。

しかし、そんな子供たちも成長して15、16歳になる頃には、そのように前を見ていなくて何かにぶつかることは、少なくなるはずです。

このように、人間は年を取れば取るほど、周りを見渡して適切な行動を取ることができるのですが、それができない大人たちもいるのです。

このような人たちは浮気が発覚した場合、その事実を否定するというよりは、自分は悪くない、と主張することが多いといえるでしょう。

自分しか見えておらず、客観的に周りからみた自分ということを想像できないがために、自分に対して高い評価を下し、正当化してしまうことがあるのです。

また、一度浮気を経験してしまうことで、感覚が麻痺し、繰り返すことに抵抗がなくなるという人も少なくないようです。

パートナーをないがしろにする人間性である

パートナーを蔑ろにする

パートナーを蔑ろにする

蔑ろ。それは別の言い方をすれば、一度くらいの浮気なら許されるだろうという考え方を持っている、あるいは優しいから許してくれるだろうというような発想を持っているということです。

人間性として、精神面がまだ未熟であるということにも共通しますが、相手の気持ちを考える能力が欠如しているため、そのように、浮気されたパートナーはなんとも思っていないだろう(・・・)、という発想に至るのです。

浮気している人が一番悪いということは言うまでもありませんが、簡単に浮気を許してしまう側にもまた問題があると言えそうです。

優しさというのは時として問題を引き起こしてしまうこともあるのです。

はっきり「嫌だ」と伝えることを大切にしてみることで、パートナーの気持ちを初めて理解できるという事もあります。

気持ちは伝えなければ伝わらない。伝わっているフリをしてお互いの言葉を無くしてしまうことが、却ってお互いの理解を妨げている場合もあるのです。

例えば「ありがとう」という言葉を、わかっているから伝えないこともあるのでしょうか。それとも、わかっているからこそそう伝えるのでしょうか、感謝の気持ちを。

ありふれたパートナーとの日常の大切さが、気づけば当然になりかわり、その大切さを思い出せないなんて、そんな事は、ないはずです。

倦怠期で刺激が足りないと感じる状況にある

倦怠期で刺激が足りないと感じる状況にある

倦怠期で刺激が足りないと感じる状況にある

ある程度の期間付き合っていると、パートナーとの生活に新鮮味やありがたみがなくなり、新たな刺激を求め、浮気に走ることがあります。

「パートナーとは違う異性と関わって新しい人間関係の新鮮さを味わいたい」「浮気といういけないことをすることで得られる新鮮さを味わいたい」という欲望が現れるのです。

人間の中には、仕事や生活などについてあまり変化を求めずにいつも決まった手順を好む人間性の人もいるようですが、大半の人間はそうではなく、なにか新しいものがないと退屈してしまうという人のほうが多いと考えられます。

特に飽きっぽいと言われる人はこのことが原因で浮気をしやすいといっても過言ではないでしょう。

倦怠期であるということがわかったのなら、生活を変えることで解決の糸口を見つけることができます。

社交的な性格であり、他人との関わりの中で成長していく人間性

社交的、他人とのかかわりの中で成長していく

社交的、他人とのかかわりの中で成長していく人間性

世の中には二種類の人間があり、内向的な人間と社交的な人間の二つに分けることができます。

前者は自分との対話を通して自分を成長させ、後者は他人との関わりの中で自分を成長させていく人間になりますが、浮気をしやすいのは後者の社交的な人間であるといえるでしょう。

出会いの数に比例して浮気の数が増える、ということが浮気をしやすいということの根幹をなしています。

話し上手だったり口がうまい、という場合、意識せずにいつの間にか浮気していることになっていたというケースや、付き合いの良さからも誘いを断りにくい状況が作られやすいことが原因となり浮気をしがちです。

社交的であるということは、飲み会だったりパーティーなどの誘いをあまり断らないということであり、それがだんだん個人の問題にまでシフトしていくと、浮気についてもついついイエスといってしまうことがあるようです。

社交性のある人はどちらかと言うと、一人ぼっちを嫌うようになる傾向があるといいます。

それはすなわち「さみしがりや」ということでもあり、さみしがりやな人は絶えず人とのつながりを求めてしまいます。

これも浮気をしやすい原因だといえるでしょう。また、社交性に関して男女の差について論じることは難しいでしょう。

浮気者の人間性と浮気をしやすい状況のまとめ

浮気をする人の人間性として、精神面が未熟であるために、パートナーのことを考えることができずに自己中心的な発想をする傾向にある、ということが挙げられます。

また、浮気しやすい状況として、倦怠期であるがために、新鮮な刺激を求めて誘いに乗るという場合があるとご紹介しました。

浮気する本人の人間性を変えることは難しいことで、現実的に対策を練るのなら普段の生活を変えることがポイントであるといえるでしょう。

つまり、精神面が未熟であれば包容力が求められ、恋人のほかにもよき理解者としての役割を果たすことが望ましいでしょう。

また、倦怠期では、思い遣りを忘れずに、過剰な干渉を避け、お互いのペースを大切にするようにしましょう。その中でも何か一つだけ僅かでもいいです、一日に一度、一緒に共感できることを作りましょう。

無料相談で調査を依頼するか確認する

不倫調査について詳しく知りたい方・無料相談する前に確認したい方

浮気する人間性と浮気しやすい状況は、それぞれ相互作用しながら、その出会いの数だけ都合の良い出会いが生まれていくのでしょう。

倦怠期にある彼氏や彼女、また夫や妻が、そのパートナーの不満を零すことは、ある意味で配慮の無さを示しており、精神面の未熟を表しているのかもしれません。

なるほど、何をなすべきか、なさざるべきかを理解する、精神が成熟した者であれば、倦怠期をそう感じさせることもないのかもしれません。

しかし、倦怠期という言葉とともに不満を零す声はいつの時代も変わらず聞こえてきます。

それはまた人間らしさとも、言えるのではないでしょうか。

しかし、それですべてが許される訳ではありません。

それぞれの方が抱えるパートナーへの悩みは異なっていて当然ですが、私たちはそのお悩みを等しく解決させていただきます。

裁判をすることだけが選択肢ではありません。

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

浮気調査の探偵

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内

 

2016/09/18-15:15|カテゴリー: 男女関係トラブル防止|タグ: , , |コメント 0件