浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

被害妄想?やってない浮気を疑われる理由と対処法

ISM調査事務所 探偵コラム 男女関係トラブル防止 被害妄想?やってない浮気を疑われる理由と対処法
  • 被害妄想で信じてくれない

被害妄想?やってない浮気を疑われる理由と対処法

被害妄想で、浮気していないのに信じてくれない

「もう、信じられない」
ある日、心当たりのない浮気の嫌疑をかけられた。

 

一般的に、浮気を疑われている状況があるということは、たとえ本人に自覚がなくとも、周囲から見て浮気だと見られかねない行動や言動を取っている場合があります。

よく言われる「火のないところに煙はたたぬ」という事です。

しかし、浮気を疑う人の中には、被害妄想に走る方もいます。そのため、他の人から見たら浮気ではないと言える行為でも、疑われてしまう場合があるのです。

これについては、浮気の疑い自体が、後天的に失調症状を招く場合もあります。つまり、パートナーへの愛情や独占欲の大きさに比例する形で、被害妄想を助長する可能性があるのです。

しかしたとえば、浮気を疑われた側になんらかの非があるのなら、浮気のボーダーラインを確認した上で「今後は注意する」と言えば済みます。しかし、メンヘラ状態など、被害妄想のために疑われる場合は、その根本を解決していかなくてはなりません。

今すぐ無料相談

 

勘繰りで浮気を疑われる原因

浮気を疑われる原因

浮気を疑われる原因

嫌疑の事実を反省する

浮気を疑われた原因を自分の中に探してみましょう。

たとえ被害妄想に近い浮気の疑われ方をしたとしても、まず自分でできる対応としては、自分の行動や言動を見直すことです。

前述のとおり、浮気を疑われた場合、本人には自覚がなくとも、周りから見れば浮気ではないのかと疑われる行為をしている可能性があります。

浮気しているとされる相手との接し方や、またその相手へしてきた行為をできるだけ多く思い出してください。

浮気のボーダーラインの確認

それから、パートナーの浮気のボーダーラインを確認しておきましょう。そしてたとえば、自分にそれを置き換えてみてください。二者の認識がずれたまま話し合いをすれば問題は解決には至りません。

詳しくは、浮気の濡れ衣を着せられた時の対処法を参照してください。

被害妄想で浮気を疑われる

被害妄想で疑われる

被害妄想で疑われる

自分の行為がパートナーの浮気のボーダーラインに引っかからないように注意して生活しています。それなのに浮気を疑われるのなら、パートナーは何かの精神疾患を抱えているとともに被害妄想を持っている可能性があります。

被害妄想とは、何らかの精神障碍を持つ方に多く見られる症状のひとつであり、知ることのできない力や誰かに迫害され苦しめられるというような、非合理的であり、訂正できない猜疑心そのものを信じている妄想のことを言います。

しかしながら、被害妄想の問題は、それが統合失調症やPTSDまたはACなどに起因することもあるため、簡単には解決ができず、解決のためには比較的時間を要します。

これは、問題の根が本人のアイデンティティに関わるものならば、問題を氷塊させるためには中長期的なアプローチが必要となるからです。

詳しくは、幼少期に受けた心の傷とアイデンティティの問題についてを参照してください。

被害妄想をしてしまう原因

被害妄想の原因

被害妄想の原因

被害妄想のメカニズム

不幸の思い込み

被害妄想とは、簡単に言ってしまえば、自分の身に悪いことが降り掛かっているという勝手な思い込みをいいますが、どうして自分が不幸になっているという思い込みをするのでしょうか。

考えすぎる

人間は考えすぎると、いずれ必ず悪い方向に考えてしまいます。

これは心理学的には、自分がした予想と結果に大きな差があることによって、結果に落胆して傷つくことを避けるためだと考えられています。

また経済学的には、多くの人がもつされる利益感(=効用関数)によれば、大概の人は、利益よりもリスクを重視する傾向がある「リスク回避的な選好」の思考を取りやすいと考えられています。

悪い方の可能性から自らを守る

学生時代、定期テストの直前になり「テストの勉強を全くしていない」という言葉を聞いたことのある人もいらっしゃると思います。

これは、テストの結果が悪くとも傷つかないために、或いはその効用の損失を防ぐために、テストの結果が悪くてもやむを得ない事実を作り、結果が悪いと予想しているわけです。

過去から未来を推量する

ジュール・ヴェルヌ

人が空想できるすべての物事は起こりうる現実である。

人間にはいままでの事柄から、次に起こるであろうことを予測する学習能力が備わっています。

このため、いままでの人生において、良い思いをしてこなかったか、あるいは周りの人からぞんざいな扱いを受けてきたというような場合は、そうした過去の引力に縛られることで、未来も悪くなるのではないかと予測しがちです。

そのしたことから、現実にはあり得ない妄想やそれを補強する虚言を吐くなどをして、被害妄想をする癖がついてしまう人もいます。

起こりうる現実は、しかし、過去に制約を受けるという事です。

生育環境の問題

生まれは選べません。私たちの価値観は、生まれと、育つ環境に依存します。

育ってきた環境を思い返す

パートナーを被害妄想的に浮気をしていると疑う人は、いままで育ってきた環境に問題があると考えられます。

愛情の希薄や暴力

幼少期に親から大切にされず、愛情を十分に受け取ることができなかったばかりでなく、そればかりでなく虐待をされていたという場合、人間不信に陥るケースが多いです。また、学校生活でいじめられ続けていたというような場合も同様です。

アダルトチルドレン

十代は今後の生活に影響を及ぼす人格の基本的な部分を形成する大切な時期ですが、愛情を受け取ることが不十分であれば、人間不信のみならず、社会に馴染めない、などの問題も起きてしまいます。

これを専門用語でAC(アダルトチルドレン)といい、社会問題となっています。

AC(アダルト・チルドレン)について詳しくはこちらを参照ください。

環境からの学び

もし、あなたがアメリカのニューヨーク州ブルックリン区で生まれたのであれば、どうでしょうか。様々な国の様々な人種が交錯するなか、多様な言葉やその価値観のもと、今とは全く異なった生活をしていることでしょう。これを環境からの「学び」といいます。

同様に、軽薄な愛情や暴力などが存在する不条理の中に育つことになれば、そうしたことを今日まで「学んできた」と言えるでしょう。

しかし、それを一方的に「悪いや酷い」などの言葉で片づけるのは適当ではありません。それをどう生かすかは、すべてその個人に帰される問題だからです。しかしながら、精神を患っている場合は、その限りではありません。

被害妄想の解決方法

被害妄想の解決方法

被害妄想の解決方法

ACであると思われるとき、心理学に関して素人である人間が解決するのは非常に難しく、誤った方法によって、却って人間不信を悪化させてしまうこともあります。

心理カウンセラー

メンヘラ状態やメランコリックな症状がある場合、心理カウンセラーや心療内科医を頼りましょう。

相談を共有する

一人で相談に行かせるのではなく、可能な限り浮気の疑いをかけられた方も参加するようにしましょう。

一緒に相談することで、これからどうすればいいのかが明確になります。また、パートナーの情報を共有することでトラブルを回避できるばかりでなく、「つらい時に、あなたは一緒に居てくれた」という思いを共有することもできます。

コミュニケーション量

生活面での注意ですが、コミュニケーションの量を一度見直してみてください。

コミュニケーションが少ないのであれば増やした方が相手のためになり、延いてはお互いのためになります。

ちょっとした事でも構いません。今日の食卓に和やかな共感を重ねるだけでもよいですし、テレビを眺め、相手の零した言葉に「そうだね」と(うなず)くだけでもきっと安らぎを得られるでしょう。

独り言は、相槌を打つ誰かが居れば、それは、会話になるのです。

 

仕事の関係で、なかなか時間を作るのは難しいという人もいるかもしれませんが、そのような場合であっても、「今帰ってるよー(^^)、あのさ駅前のケーキ屋に新作が並んでたよ」例えば連絡をこまめに取るなど、まだまだできることはたくさんあります。

被害妄想は過去に根差した問題

被害妄想で浮気が疑割れているような場合、本人の考え方や生育環境などを考える必要があります。

単に被害妄想をしやすい性格なのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、大抵は生育環境に問題があると考えられます。

たとえば、ACと呼ばれる状態に陥っており、愛情に関するトラウマを解消する必要があります。

こうした時事の理解がお互いの幸せのためになるでしょう。

被害妄想と疑いを解決されたい方へ

恋は盲目と言われますが、恋愛をすると、相手の事を知っていくその数だけ相手に惹かれていきます。

通常、これは愛情であって、依存とは異なりますが、その二つは紙一重にして入れ替わってしまう事があります。

この依存状態とは、自らに制約を掛けることで他の選択肢を隠し、「○○しかない」という思考に陥っている事をいいます。さらに進むと精神依存と言われるようになります。

依存状態になりやすい人は、上述の通り、その幾らかを生育環境に負っており、過去の記憶から、最悪の現実以外を見れない狭窄的思考を取りやすいのです。

浮気を疑われた事について、ただの「被害妄想」などと言ってしまう事もできるでしょう。しかし、その被害妄想が果たして何に由来するのかを考える思慮深さを私たちは持っているはずです。

お互いの幸せを願うのであれば、痛みさえも共に感じることができるのではないでしょうか。

生育環境は選べませんが、しかし、もう自由だと言えるような歳には、選択の自由が与えられているはずです。

今すぐ無料相談