浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

やっていますか?直ぐに効果発揮する「妻の浮気防止の秘訣」とは

探偵東京ISM 探偵コラム 浮気体験談 やっていますか?直ぐに効果発揮する「妻の浮気防止の秘訣」とは
  • 女性は愛情を常に感じていたいのです

やっていますか?直ぐに効果発揮する「妻の浮気防止の秘訣」とは

女性はハートを持っていたい?

よく女性の浮気は深刻だと言われますが、それは女性が恋愛を心でするという傾向があるからです。

夫と彼氏の二人と同時に付き合うというような恋愛好きな方は決して多くはありません。

女性の浮気は、その愛情の100%を夫から彼氏に移すことで成立するわけです。

そんな申告な妻の浮気の、浮気防止の秘訣をご紹介いたします。

女性の浮気防止の秘訣とは、共感で心を満たすこと。

「共感」という言葉にピンと来なかった男性は、ことによると、既に女性の心は干ばつ、危険領域に入っているのではないかと推察されます。

そもそも恋愛や結婚などは多くのことを2人で分かち合っていくということの幸せを確かめていくことです。

心理学的にも、受容と共感が心の充足にとても重要な意味を持つことは実証されています。

共感性と言われるものをどの程度実践できているでしょうか。

  • 妻の個性を尊重する。
  • 妻の悩みを自分のことのように考える。
  • 妻が何かのミスをしたときは、それを自分のしたことのように考える。
  • 妻との意見の食い違いを理解し尊重する。
  • 妻を侮辱しない、そうした言動をとらない。
  • 妻があなたに悪態をついても、それを許す。
  • 妻の喜びや成功を自分のことのように喜べる。

共感とはつまり感情移入のことなのです

日常の仕草や話に共鳴するということは、ちょっとした気遣いさえあれば、誰にでもいつでもすぐに始められることです。

もちろんお金はかかりません。時間はいつも通りに消費されます。

ただ異なるのは、喜怒哀楽をともに感じ、ともに幸せを感じられる、愛情がそこに置かれているということです。

どうでしょうか、皆さんがそうした時間をお過ごしなることを願っていつつも、そうではない現状があまりにも多いのはなぜなのでしょうか。

男性と女性は、根本的に考え方も体の構造も違います

前回、男性は、本能で浮気をする生き物だと書きましたが…

ここでいう本能とは、生物学的といういうよりは、あまり深く考えない、つまり相手の女性に対する思いやりが働かないということを意味しています。

しかし男性とは異なり、ほとんどの女性は、浮気の本能など持ち合わせていません。

それは、「この人は私になにをもたらしてくれるのか」と、浮かれずに現実を見る方が多いからでしょう。

しかし、それは心を許すまでのことであり、その後は立場が入れ替わることが多いです。

女性は感受性が高く、なんでも同じでないと悲しくなってしまいます

「一緒になればひとつになりたい!好きだから当然でしょ!愛してるならね!」

いわゆる、共感部分と言われるものです。

「いや、なんでも同じは無理でしょう・・」という声が聞こえてきそうですね。

 

それも例えば、

愛情の大きさ。

「私がこれだけ愛しているのだから、旦那も同じくらい愛してくれるよね?」

でも、その愛情が理想(予想)のものでないと不満が溜まります。

どれだけなら満足するのか?それは妻にしか分かりません。

これは難しい共感の部分だとも言えます。

 

 

同級生の女友達数名で女子会をすることがあります。

ここで、

「知っていますか?」

その時のお喋りの内容は大半が”旦那の事”なのです。

具体的に言うと、旦那への不満!

「新婚の時は、凄く優しくったのにねー。行ってきま~すのKISSしてくれて、お帰りのKISSも欠かさなかったのに、最近はKISSすることすら思いつかないような感じ。一年に何回KISSするかな?わ!年単位じゃない!?思い出せないよ、、女として見て貰えてないんだよね…きっと。」

 

「うわー、ヒドいね。けど私の方はさ、まさに人が変っちゃったみたいな感じ。まず話さなくなったし、子供ができるまでは一緒に寝てたんだかけど、今では家庭内別居同然。会話もないから予定とか全く知らないし、きっと知られたくないんだろうね、帰りも遅くてどこで何しているか分からないわ。」

 

「それって怪しいー、ちょっと今度調べてみたほうがいいんじゃない?」

「私なんかさ、あるていど子供も大きくなって目が離せるようになったのに、旦那の気持ちが私にも子どもにも向いてない!『たまには一緒にお風呂に入らない?』って誘ったら、鼻で笑われたんだからね!」

 

この女性たちは、愛情に満たされていません。

旦那の無関心に不満がある妻

こんな情の薄い人だと思わなかった

 

自分の愛情と旦那の愛情の比率が1:1ではないからです。

「妻=夫または、妻≧夫」

愛情の比率は、同じでないといけないのです。

このように愛情が少ない…薄い…

私の方の愛情が大きいと感じると、心のボリュームが減っていきます。

そして心のバランスが壊れていきます。

妻が夫に求める一番のコトとは?

常に、愛されていると感じていたいのが女性です。

もしも、満たされていない妻に「好きだよ」「愛しているよ」と言ってくれる男性が現れたら妻はどうするでしょう?

 

 

旦那に愛され、満たされている妻なら浮気はしないでしょう。

「お気持ちは嬉しいですが、私には夫が居ます。」と言い、受け入れないと思います。

しかし、愛情に満たされていない嫁に、その不満を埋めてくれるような言葉をかける優しい男性が現れたら惹かれてしまうかもしれません。

「私、人妻だけど旦那は私を愛してない。だから、ちょっとくらい仲良くなっても良いよね?」

 

女性は男性の外見はもちろん、内面や言葉遣い、行動やしぐさに表れる考え方や態度など、色々なところを見てゆっくりと好きになっていく傾向があります。

この”ちょっとくらい”と思った瞬間から、夫への気持ちが離れ、代わりに浮気が始まります。

 

心を数値に置き換えて見ればわかること

女性は、心のパラメーターを常に最高に保たれていないと、愛されていない、寂しいなどと不満を抱く生き物なのです。

女性の心のパラメーター

私の心のパラメーター

 

女性には母性があります。

冒頭で、ほとんどの女性は、女性の本能というようなことでは浮気をしませんと書きましたが、

この母性本能で、年下男性と浮気をする女性が増えているそうです。

子どもそうですが、必要とされるから、必要だと思わさる何かがあるから、愛情をかけられるのです。

女性は、押しに弱いですから…もし甘えん坊でガンガン押してくる年下男性が周囲にいれば、

母性本能+共感部分、それに加えて「好きだよ」の言葉がそろえば、妻は浮気に傾くでしょう。

 

ご存知ですよね?男女の恋の方法の違いとは

【男性は目で恋をするが、女性は耳で恋をする】

日頃から妻に「好きだよ」「愛しているよ」と伝えている家庭では、浮気は起きません。

愛情表現

ねぇ、手をつなごうよ

 

しかし、日本人男性は、愛情表現の言葉を面と向かって言う事は恥ずかしいという思いもあり、なかなか口にする事が出来ませんね。

女性は、「好きだよ」このたった一言で頑張れます。

恥ずかしいでしょうけど、言葉を口で伝える事が無理でしたら

メールやLINEなどのSNSで伝えても良いと思います。

妻の心のパラメーターを減らさない事は、実は最も大切な浮気防止です。

かける言葉で幸せを呼び込めます。

 

 

仕事に追われ、家庭の変化に気が付かないご主人さま…

女性の浮気は徐々に進みます。

妻の変化に気付いたときは、浮気が随分進行しているかも知れません。

女性は心で浮気をします。

心が他に移ってしまってからでは手遅れです。

たとえ元に戻っても、その傷を塞ぐにはかなりの歳月を要します。

(最近様子が変だな?)と思っていても、仕事を休んで妻を見張る事なんてできませんよね。

妻がスキンシップを嫌がるようになったり、

妻のバッグに普段持ち歩かない歯ブラシが入っていたり、

携帯を旦那に触らせない、
触ろうとすると怒る、

出かける事が多くなった。

妻と距離を感じたり、怒りっぽくなるなど、ひと月前と今とのその変化は、浮気の兆候です。

不倫は、浮気だからこそ長期間にわたって続くのです、関係が深まればその分だけ不倫相手にも情が移るでしょう。

すべてのこうした問題は、早期解決ほど大切なことはありません。

 

無料相談で調査を依頼するか確認する

 

浮気調査について詳しく知りたい方・無料相談する前に確認したい方

浮気、特に不倫は、その解決に方法として括目すべき大切なことがあります。

それは、早期解決を目指すということです。これは人間関係の事案であるからこそ揉むに揉まれる難しい案件となるのです。不倫相手が既婚であり、お子さまもいらっしゃる場合など、その関係が長期化すれば、金銭問題のみでは解決できない蟠りを残すことになります。

ISM調査事務所の調査概要については以下を参照してください。初めて探偵をご利用なられる方はその留意点などをご参照くださいませ。

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

2016/06/21|カテゴリー: 浮気体験談|タグ: , , , , , |