浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

浮気の慰謝料を少しでも多く請求する方法

浮気調査 探偵コラム 浮気と離婚の法律知識 浮気の慰謝料を少しでも多く請求する方法

浮気の慰謝料を少しでも多く請求する方法

浮気の慰謝料を少しでも多く請求する方法

配偶者の浮気によって受けた心の傷の大きさははかりしれません。
それはお金で解決できるものではありませんよね。
しかし、慰謝料というのは「あなたが配偶者の不貞行為によって受けた心の傷に対しての損害賠償」です。
これは法が認めたあなたの権利なのです。

今回は「浮気の慰謝料を少しでも多く請求するにはどんな方法はある?」というテーマで、慰謝料請求前に抑えておきたい基本知識、慰謝料の相場そして少しでも多く慰謝料を獲得するためのポイントをわかりやすくお話していこうと思います。

慰謝料請求の前に知っておきたい4つの制約

慰謝料を多く獲得するための方法をご紹介する前に、まずは慰謝料にまつわる基本的な事を少しおさらいしておきましょう。

ケースによっては慰謝料請求そのものが難しくなるものもありますので、しっかり把握しておくことが望ましいです。

1.法的な不貞行為と見なされる関係か

意外に知られていない事実なのですが、実は浮気には「法的な定義」が存在します。
どこからが浮気か?というのは難しい問題だけに、法が「不貞行為」と見なす行為を定義しているのです。

「配偶者以外と複数回に渡り肉体関係を持つこと」

これが法が定めるところの浮気です。

つまり、プラトニックな付き合い、出会い系サイトなどで一度だけ肉体関係を持った、などというケースは法的な浮気の定義を満たしませんので、浮気による慰謝料請求はできません

2.慰謝料を請求する事が出来る対象

浮気を再発させない方法

浮気に対する慰謝料は、配偶者のみならず浮気相手にも同時に請求することが出来ます。
しかし、すでに十分な額の慰謝料を配偶者から受け取っている場合は、浮気相手にさらに慰謝料を請求することが難しくなります。
合算した金額が慰謝料の相場程度に収まるのであれば、双方に慰謝料請求が可能です。
しかし、浮気相手が以下の主張をしている場合は慰謝料請求は出来ません。

  1. 相手(配偶者)が既婚とは知らなかった
  2. 脅迫、暴力などにより仕方なく肉体関係を持った

もちろん浮気相手が嘘の主張をするケースも多いので、しっかりとした浮気調査が必要になりますね。
また、浮気発覚前からすでに夫婦関係が破綻していた、こんな場合も慰謝料請求は困難になる場合があるので覚えておいてください。

3.浮気の慰謝料の相場

さて、気になる慰謝料の金額ですが、法的な規定がないためケースバイケースです。

しかし相場は存在しますので、ここでは慰謝料の相場を簡潔にご紹介しておきます。

慰謝料は過去の判例によると50~500万円前後でおさまる事が多いですが、あまりに幅がある事に驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
慰謝料は浮気によって夫婦が「離婚」するか「現状維持」をするかでまず大きく変わります。

  • 離婚する場合・・・浮気が理由で離婚する場合の慰謝料相場は200万円程度です。
  • 離婚しない場合・・・離婚しない場合の慰謝料相場は、50万~100万円程度です。

これは、浮気が夫婦関係にどこまで影響を与えたかが考慮された結果です。
これに加え

  • 婚姻期間
  • 子供の有無
  • 浮気期間
  • 精神的苦痛の度合い
  • 夫婦関係が良好であったかどうか
  • 配偶者および浮気相手の支払い能力

などを加味して算出されます。
このように、一言で慰謝料の相場と言ってもかなり幅は広いのです。

 

 

4.慰謝料請求が出来る時効

これもあまり広く知られていませんが、慰謝料請求にはリミット、つまり時効があります。
これはこちらの記事「浮気に時効があるってホント?~慰謝料請求には期限がある~」
の中で詳しく書かせていただいておりますので、ぜひ併せてお読みいただければと思いますが、ここでも簡単にご説明させていただきますね。

慰謝料請求の期限は、以下のように法律で決められています。

  1. 配偶者の浮気の事実を知ってから3年以内
  2. 配偶者が浮気相手と関係を持ってから20年以内

このうち「短い方」が適用されます。
つまり、配偶者の浮気を知りつつも、黙認していたり、証拠探しや相手の特定に時間がかかり3年以上経過してしまうと、その時点で慰謝料請求する権利を喪失してしまうのです!

ですから、配偶者の浮気が発覚したら、今すぐ慰謝料請求を考えていないという方でも、念のために証拠は入手しておいた方が良いかもしれません。

ちなみに、この時効のカウントをストップさせる方法があります。

浮気の事項を停止させる方法

訴訟を起こせばその時点で、時効は消滅します。

そしてもう1つ、慰謝料請求をする旨を内容証明等で配偶者、や浮気相手に告知すれば、その時点から時効のカウントは止まります。

しかし半年以内に訴訟を起こす事が前提となっていますので、半年以内に慰謝料請求を完結させる必要はあります。

慰謝料について大切な事を4つお話しさせていただきました。

あまり広くは知られていない事も含まれていたのではないでしょうか?
慰謝料請求で大切な事は、まずは正確な知識を身につける事です。
そうすれば、より多い慰謝料を獲得することにも繋がってきます。

浮気の慰謝料を多く請求する方法

さて、いよいよ本題です。

少しも多くの慰謝料を獲得するには、いったい何をすればよいのでしょうか?
それは3つです!

1.確実な浮気の証拠の入手

慰謝料請求において「鍵」となるのが浮気の証拠です。
しかもこの証拠は、法的な浮気の定義を満たすものでなければいけません。
配偶者のLINEや、浮気相手との2ショットの写真などは状況証拠にはなっても、決定的な証拠にはなり得ません。

  1. ラブホテルに出入りする様子をおさめた写真や動画(異なる日付で数回分)
  2. 配偶者の自白(デジタル機器ではなくアナログ機器推奨)

もしこの2点があれば、浮気の確実な証拠と言えるでしょう。

それ以外のものは、複数集める事で効力を発揮する事はありますが、単一では証拠としては不十分です。
不十分な証拠を提示して、慰謝料請求をすると、請求そのものを退けられたり、満足できる額を受け取れない事があります。

ですから「確実な証拠」の有無は絶対条件なのです。

2.精神的苦痛の大きさを証明する

前項で慰謝料の相場をお話した時にも少し触れましたが、慰謝料の金額は様々な要素によって変わってきます。
浮気によって受けた精神的苦痛の大きさは、慰謝料を増額させるポイントになります。
でも、受けた心の傷は目には見えません。それをどう証明するのかと言うと…
「医師の診断書」が非常に有効です。

配偶者の浮気によって、不眠症になった、鬱の症状が出たなどを医師に証明してもらえばよいのです。

実際、配偶者の浮気が発覚すると、精神的に不安定になったり不眠症になる方は多いので、自分自身の健康のためにも、慰謝料請求の可能性のためにも、専門医を受診する事をおすすめします。

3.必要とあれば専門家に依頼する

配偶者や浮気相手が、慰謝料請求に応じてくれない、請求した金額より少ない額を提示してきた…こんな場合は、ただ話し合いを重ねていても、堂々巡りで終わる事が少なくありません。

その間に、慰謝料請求の時効が来てしまっては元も子もありませんよね。

そんな場合は、弁護士に介入してもらうのも1つの手段です。

弁護士費用は必要になりますが、離婚問題に強い弁護士であれば、相場より多い慰謝料を獲得してくれる事が多いのです。

浮気の証拠の入手にしても、慰謝料請求の交渉にしても、自力での限界を感じたら専門家の力を借りることも視野に入れるとよいのではないでしょうか?

まとめ:浮気の慰謝料を少しでも多く請求するためには

今回は「浮気の慰謝料を少しでも多く請求する方法はある?」というテーマでお送りさせていただきました。

配偶者の浮気によって、離婚や別居を選択する場合は先立つものはお金です。
今回の浮気では、離婚せず夫婦関係修復を選択するという方も、今後のためにお金はあって困るものではありません。

そして、慰謝料は「合法的に制裁を加える」ための方法でもあります。
配偶者および浮気相手に罪を自覚させ、ペナルティを課す事が出来るというのも、慰謝料請求の目的の1つになり得ると思いませんか?

本文中でもお話しましたが、慰謝料の金額を決定ずける要素の1つは「確実な証拠」です。

自力での浮気調査は成功率が低いだけでなく、様々なリスクを孕んでいますので、一刻も早く確実な浮気の証拠が欲しいという方は、探偵事務所への依頼も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

相談は無料で24時間匿名で行うことができます。

あなたの人生を取り戻す最初の一歩、少しだけ勇気を出して踏み出してみませんか?