浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

浮気相手と会う回数や頻度で浮気を測ろう

探偵東京ISM 探偵コラム 男女関係トラブル防止 浮気相手と会う回数や頻度で浮気を測ろう
  • 浮気相手とどこでどれだけ会っている?

浮気相手と会う回数や頻度で浮気を測ろう

パートナーが浮気相手とどこで会うのか、その回数や頻度を測ろう

パートナーが浮気しているという場合、だいたい月に何回会っているのか、どこで会っているのか気になることでしょう。

会う回数であったり会う場所は、浮気相手の職業や住んでいる場所によって変化していきます。

今回は代表例を紹介していきたいと思います。

今すぐ無料相談

 

浮気相手と会う回数や頻度の分類と心理的状況

浮気相手と会う回数とその心理

浮気相手と会う回数とその心理

月に1、2回浮気相手と会う場合

浮気している人たちの会う回数の頻度は月に1,2回程度であることが一番多いようです。

浮気の大多数は、あくまでも遊びの浮気と呼ばれるようなものの場合が多いです。この遊びの浮気では、長年パートナーと生活することで新鮮味が無くなり、倦怠期が訪れている場合に、刺激を求めて浮気に至ったり、また浮気といういけないことをしたことによる背徳感を味わうという目的で行われます。

こんため、浮気相手は実際に付き合っているパートナーの代替とはならないのです。

ですから、頻繁に会わないと心が苦しい、というような状況には陥りにくく、月に1,2回程度会うだけで十分だという人が多いのです。

このように低頻度であれば、浮気が発覚するリスクを最小限に抑えることができます。

本気の浮気の場合、パートナーと離婚することが本望ですが、遊びの浮気ではパートナーとは離婚したくないという場合が多いため、理にかなっているといえます。

また、距離が離れていて交通費や時間の問題でなかなか会えないという場合もあります。

一週間に1回程度浮気相手と会う場合

浮気は遊びであれ本気であれ、少なくとも浮気相手に恋愛感情があることによって成立します。

月に1,2回程度であれば、まだただの遊びであり、浮気相手はいなくても平気な存在なのですが、この頻度になってくると状況に変化が起こり、浮気相手が自分の生活にとって必須不可欠な存在になってくる傾向にあるといえます。

単純に考えて多く会いたいと思うのはそれだけ大切な存在になっていっているということです。

月に1,2回会う場合は、まだまだ浮気相手が必須不可欠な存在には程遠いので、会えない時も通話したり、メール、SNSなどでコミュニケーションを取ることは少ないのですが、一週間に1回も会うようになってくると、当然会えない時のコミュニケーションは増えていきます。

浮気をした当初は次のように強い意志を持っていたとします。

「浮気相手はただの遊び相手で付き合っている」「結婚しているパートナーがあくまでも一番大切な存在だ」

しかし、浮気を重ねるたびに、他人を愛する感情はこの意志を簡単に打ち砕いてしまいます。

つまり、最初は遊びでも、次第に本気になっていく可能性が高いのです。

一週間の半分以上浮気相手と会う場合

たいして浮気相手に本気でなくても職場での浮気であるなど、比較的会うことが容易な場合については、もちろん毎日会うことができます。

しかし、特にそのような状況ではない場合は、かなり本気になっているといえるでしょう。

理由は上のセクションで説明しました。メールやSNSなど証拠が残りやすい方法でコミュニケーションをとる必要が無いため、より密にコミュニケーションを取ることができます。

デートの取り付けも簡単なので、浮気されているパートナーには残業があるなどと嘘をついて、仕事終わりに遊びに行くということもできてしまいます。

浮気相手と会う場所にはどこを選ぶ?

浮気相手と会う場所はどこを選ぶ?

浮気相手と会う場所はどこを選ぶ?

浮気しているパートナーの家、浮気相手の家

浮気している以上、迂闊に外に出ることは避けたいと思うでしょう。

外に出て一緒に歩いているところを知人が見れば怪しまれてしまいます。

このような理由から家デートをすることがあります。浮気しているパートナーの家はなかなか危ない選択肢ですが、浮気されているパートナーが休日も仕事で家を開けていたり、例えば好きな歌手のライブに行っている間などが穴場となります。

浮気相手が未婚であれば浮気相手の家は一番安全な場所かもしれません。

浮気が疑われていたとしても、ほとんど発覚する危険性はないでしょう。

遠いところにある遊園地など

先に述べたように、迂闊に外に出れば知人に出会ってしまうというリスクを抱えることになります。

しかし、遠いところで浮気相手と会う事にすれば、知人に遭遇するというリスクを抱えず、なんの心配もなくデートすることができます。

住んでいる家や勤務先の市外であればかなり遭遇のリスクを減らすことができます。

勤め先で会う

こちらは、勤め先に浮気相手がいる場合に限られます。

わざわざ休日などにリスクを犯してまで会うのではなく、勤め先で思う存分に関わるという場合です。

勤め先でならば頻繁に会話したり、関わったりしても、すべて仕事の上で必要なことだったと説明すれば、追及のしようがありません。

仕事のある日は毎日会うことができ、特段休日にデートなどしなくても十分だという人もいるでしょう。

まとめ – 会う頻度で浮気を測ろう

まだ、浮気相手に対して本気でない場合は、会う頻度も月に1、2度程度であることが多く、通話やメールなどの顔を合わせないでするコミュニケーションの頻度もあまり多くありません。

しかし、頻度が増えてくると、だんだん浮気相手に本気になってきていると判断できます。

頻度が増えるということはそれだけ関わりたいという思いが表れているという意味です。

会う場所もさまざまで、浮気が発覚しないような場所として、家であったり、遠いところという場所を選んでいる傾向にあります。

浮気の有無や関係をしっかりとお知りになりたい方へ

浮気の回数や頻度で当然ながらその親密度がわかります。このように浮気の回数や頻度が増えれば、SNSなどのコミュニケーション手段が増加するという関係にあることは、逆説的にはその回数や頻度が、浮気の関係性の目安にもなるでしょう。

確かにSNSは、会わない期間のコミュニケーションを盛り上げるツールという側面があります。しかし一日の回数や頻度ではなく、ひと月を集計期間として見たときに、ひと月に2~3回しか会っていないのにも関わらず、毎日連絡を取っているとしたらどうでしょうか。

違和感を感じます。

もっと頻繁に会っている親密な関係にあるという事が考えられます。もし、SNSの利用に疑問を持たれたらISMの無料相談までご連絡くださいませ。

今すぐ無料相談