浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

浮気する男の特徴を徹底分析🔎行動パターン20と対策を教えます❗

浮気調査 探偵コラム 男女関係トラブル防止 浮気する男の特徴を徹底分析🔎行動パターン20と対策を教えます❗
  • 浮気をする男の特徴

浮気する男の特徴を徹底分析🔎行動パターン20と対策を教えます❗

浮気する男ってどんな特徴があるんだろう?

世の中には浮気をしない男性もいます。それなのになぜ浮気をする男がいるのでしょうか。その全く違う両者にはどんな違いや特徴があるのでしょうか。

浮気する男の特徴とは、よく言われるように「文化」であったり「男の特権」だったりするのでしょうか。
あるいは(そんな声が聞こえるとして)、遺伝子の定めに従ったまでなのでしょうか。

例えば、浮気がバレた言い訳に、こんなことを言う人がいます。

「ほら、世界には一夫多妻制の国や地域もあるし、僕ら人間の近縁と言われるお猿さん🐒のほとんどの種だって、強きものが統べる多妻性なわけじゃん?だからそもそも浮気って一夫一妻性が前提にあるわけだけど、ただ人間が勝手に作ったルールで、全然自然ではない仕組みなんだよね。それに、浮気をするってことは、それだけオレに魅力があるってことじゃん?それが自然な事。」

そんな事を滔々(とうとう)と語られたら、すっかり煙に巻かれてしまいます。

言葉はそう、私たちが培ってきた類まれな能力です。しかし、不都合な事実でも正当化することができてしまいます。
そうなんです。歴史は、その時代時代の語り部達が常に作ってきたという側面もあるとおり、言葉の流暢さはとても魅力的な能力なのです。

顔もスタイルも全然イケてないのにモテる男性っていますよね?

そうしたことから、不都合(浮気)を正当化できるだけの言語力という事を1つとっても、浮気する男かどうかを見ることができます。

今回は、浮気する男の特徴に焦点を絞り、それぞれの特徴をその対策とともにご紹介していきます。

 

浮気する男の特徴

そうです。孫子さんが言ったように、問題に向き合うには、まずその問題自体を知らなければなりません。
そして、問題を誰よりも理解してその対策を取れば、絶対に負けることはありません。

嗜好品や持ち物がコロコロ変わる

つまり、惚れやすく飽きっぽいということです。過去に縛られないという言い方もできるでしょう。

例えば、食べ物を見るとその人の本質がわかるなんて言われたりしますね。

食べ物は命にも関わることです。好き嫌いがなく、初めての物でも興味を示す人は、何にでも寛容であり、リベラルな考えを持っていると言うことが出来ます。また、歴史を開拓してきた冒険者達もそうした部類に入るでしょう。
縛られることを嫌い自由を愛し、それを許すことができれば、色々な体験をともにできることでしょう。
しかし、その自由を束縛してしまったなら、あなたへの魅力が薄れてしまうかもしれません。

他方、おふくろの味と言われるような食べ物など、一定の枠から出ない食わず嫌いの多い人は、本質的には排他的であり、コンサバティブ(保守的)な考えを持っていると言えます。もちろん、今あるものを愛し大事にするということは、とても貴重な事に思えます。しかし、新しさを毛嫌いする不寛容は、時として息を詰まらせることもあるでしょう。
また、日本の保守的な人としては、亭主関白的な感覚を持った方も少なくありません。

また、新しいもの好きという人は、その好みが人間関係にも表れます。

広く浅く付き合う事も大切ですが、彼には、長く深い付き合いをしている人がどれだけいるでしょうか。

彼が本質的にどちらのタイプかしっかり見極めましょう。

度を超えてマメすぎる

そんな事する必要あるの?それって義理とかじゃないでしょう?
そんな行動を取る男性の事です。

例えば、恋人でもない異性に誕生日メールを送ったり、大した用事もなくSNSで頻繁に異性とやり取りしていたりとか、髪型や化粧の変化に気づいて褒めたりする人です。

もし、これを仕事に生かせれば、相当な成果を上げられるでしょう。

「気づく」こと自体は良いことです。しかし、異性ばかりかという事とそれを口に出し行動するかどうかが問題なのです。

いつも異性とコミュニケーションを取っている人は、その分だけ浮気の機会が増えます。
もし、マメで誠実な彼のことを信用できないのであれば、必要以上に異性とコンタクトしているのをあなたが知っていて、それを隠されているからではないでしょうか。

もしかすると彼はとても鈍い方なのかもしれません。
もし彼の誠実でない顔を想ってしまうようであれば、それを素直に伝えてみてはどうでしょうか。

ちやほやされるのが好き

有名な三大欲求といわれるものがありますが、それ以外にも幾つか人に備わった欲求があります。

例えば、人から注目されたいとか、関心を持ってもらいたいという自己顕示欲求です。これはまた、人から認められたいという承認欲求などと合わさって、それが満たされると快を感じるようです。

欲求の度合いは人それぞれに異なりますが、この傾向の強い人は、自分が中心にいられる場を好みます。

経験があると思いますが、よく知りもしないのに注目されている人を見ると「この人すごい人なんだ」と錯覚してしまいます。

注目される場を築けば、そのように錯覚した異性と優位な関係を築けてしまうわけです。

世間から脚光を浴び注目されることは素晴らしいことですが、それが欲の充足に働いてしまうと厄介です。

こうした際には、その注目の場に共に立つようにしましょう。そうすることで他の異性に劣位になることはありませんし、次第に思いを共にする時間が増えていくはずです。

自分好きなナルシスト

「汝、自分を愛するように隣人を愛せよ」とはキリストの言葉ですが、この言葉には自己愛が前提とされています。

言い換えれば、「汝、自分を愛せないならば、隣人を愛せない」と言うこともできるでしょう。誰かを愛するためには自分を愛さなければならないと。そう、誰しもがナルシストなわけです。

では、何が問題なのでしょうか。
それは、キリストが説かなければならなかったほどに横たわっていた現実、つまり、自己愛だけはあるが、隣人を愛さない人が多いということです。
昔も変わらず、自分さえ良ければ他人のことはどうでもいいという人に溢れていたのでしょう。

ここで言うナルシストとは、自己愛ではなく、むしろ「利己愛」です。
利己愛(エゴイズム)とは、人間関係上、自分を誰かよりも高い位置に置こうとする感情です。
だから、あなたが傷つくようなことも、自分には痛みがないので平気でやります。

目の前で異性を口説いたりキスしたりも平気。
そんな人と一緒に居てもきっと幸せににはなれないでしょう。

八方美人

誰にでも愛想よく、上手く立ち回り、皆を笑顔にさせている人がいます。
しかし、中には場面で言う事を変えたり、平気で思ってもいないことや嘘をつく人もいます。
女性に嫌われる女性は、男性の前でだけコロッと性格が変わってしまう猫かぶりな人です。
そして、もちろんこれは、男性のかぶり物でもあるのです。

例えば、自然と嘘をつけて、その嘘を本当のことだと信じてしまう人もいます。
これは厄介です。この前と違っていても、その人に取っては既に本当なのですから、取り付く島もありません。
これが既成事実と言うやつです。

これは虚言癖などと言われることもありますが、パーソナリティ障碍の可能性もあるので、真剣に付き合うつもりがあるなら一度専門家に掛かられることをお勧めします。

友達が少ない

女性も男性も、人は人。女性関係にいい加減な男性は、男友達にもいい加減なことが多いです。

若い頃に築く友は、生涯を通しての知己となることも少なくありません。
時には喧嘩をしたり、色々な問題を共に乗り越え、相手を理解しているからこそ、大切な存在だといえるのです。

もしそうした知己を持っていないということは、もともと軽薄で薄情な人なのかもしれません。

例えば、女性関係で浮ついた友人がいたとします。これが、10代や20代など「若気の至り」と言える年頃であれば、そう考えてくれる方もいるでしょう。
しかし、結婚をして子どもが生まれたのに、それでもなお、往時と変わらぬ振る舞いをしているのであればどうでしょうか。
もしも、あなたにも子どもがいて、独り家で待つ配偶者や子どもの気持が分かるとしたらどうでしょうか。

 

友人とは、掛け替えのない存在であり、決してお金で得ることは出来ません。

話題が豊富

すぐに異性と仲良くなってしまう口の上手さや話題の豊富な人って魅力的ですね😉
会話にはリズムが大切ですが、そのリズムの取り方や仕切り方が上手なのです。

お喋りのうまさが「タレント」と言われるのがなぜかを考えてみるとわかりやすいです。

 

褒めたりリードするのがうまい

こちらは気配りができるということですが、これが「話題の豊富」と合わされば最強です。

大勢がいる場でも一人ひとりに会話を振ったり、コレを持ち上げたりと、名司会者の様な動きをしている人がいます。
その場にいる全員とお話しをするのですから、注目効果も合わさって、当然これはモテまくりです。
テレビ番組でも、司会者に浮いた話が絶えないのはこの事からです。

言葉の力は偉大です。

例えば「10,000円貸してくれ!借りたお金は一年後の今日に必ず返す!」ということを、言葉なしに伝えられるでしょうか。信じてもらうことができるでしょうか。

優柔不断で流されやすい

優柔不断は2つのタイプに分かれます。

  1. 優しいから決められない
  2. 勇気がないから決められない

前者は、その決定により傷つく誰かを考えてしまいます。後者は、決定後の未来の不確かさが不安で仕方ありません。
どちらも共に重なる部分もありますが、損をすることでも敢えて決めないという選択をすることもありますので、このうち問題となるのは、流されやすい後者の方です。

勇気がなぜ浮気と結びつくかというと、もし、「男は振り回すもの」というような強気な女性が現れたらどうでしょうか。

勇気は、使えば自分のものにできます。しかし問題はそれを使う事ができるかです。

寂しがり屋

絶えず人と一緒に居なければ落ち着かない人。
ご飯を1人では食べられない人や、家に居るのに長電話が好きな人です。

「寂しいから浮気した」

寂しがり屋の人は、何かに依存しなければ呼吸できません。異性に依存することもありますが、それがアルコールだったりする場合もあります。
ですが、一緒に居ることでしか浮気を防ぐ方法はないのでしょうか。しかし、実は一緒に居ればいるほどその依存度は強くなってしまうのです。
人は成長していくものです。2人の未来についてその姿を思い描き、心に安らぎを与えることが一番の対策です。

お酒が好き

特にお酒が強く飲み歩くような人は、とにかく人を誘います。
上の寂しがり屋にも共通しますが、飲み歩けばその分色々な出会いがあります。

浮気は出会いの関数です。

このような男性の場合、一緒に飲みに行ける事が一番ですが、それは価値観の問題ですので、難しい場合もあるでしょう。

そうすると、その夜を孤独に過ごす家族がいます。これをお互いの自由な時間だと割り切って接することが1つの方法です。
しかし、子どもがいる場合は、しっかりと話し合いが必要です。
男性へ「あなの大切なものはなんですか?」と訊いてみると良いでしょう。

人の気持ちがわからない

これは幼少期に虐待を受けた大人にも多いのですが、幼いころに、人の温もりや接し方、喧嘩の仕方や、言葉の感じ方などを学んで来なかった人に特に多く見られます。

また、ずっと力で物を言わせて来たジャイアン気質の方にも見られます。

人の気持ちとは、つまり人の痛みです。
会話をするときには、相手を理解して相手の立場に立つことが大切ですので、言葉が見つからないなら「ごめん見つかんない」など発言しない方が良いこともあります。

深く考えずに軽率な発言をする方がいますが「ペットが死んだ。そっか、じゃあこれから気軽に旅行行けるし、エサ代も浮いてよかったね」…確かにそういう側面もあるかもしれませんが、相手がそんなポジティブとも言えない功利的な言葉を求めていたかどうかすらも考えられないその感覚に、恐怖さえ感じるでしょう。

また、励まそうとしてなのか、すべての話を「自分なら」に置き換えて発言する方がいます。
確かに、その人ならやり抜けたかもしれません。しかし、ただそれだけのことです。
人は個性も能力も異なります。「もし」という言葉はここでも空疎にしか響かないのです。

好意を持つ誰かに、自分を理解されることは心地良いものです。
しかし、相手の方を理解するとなるとどうでしょうか。
人の気持ちを察知出来ない原因が、何かしらの病気やコミュ障の場合、その背景にしっかりと理解を寄せることができるでしょうか。

時間がかかることがありますが、理解は、たとえ相手に理解されていなくとも、まずは自分から始めることが大切です。

過去に浮気した経験がある

過去には、少なからぬ引力が働きます。遠くから嫁いで来られた方が夫の地元に寄せる不安も、そうした所から生じてくるようです。

恋愛や結婚は1つの契約です。契約とは約束事です。という事は、浮気をするかしないかは、約束を守るか否かという個人個人の倫理観の問題になって来ます。
浮気をしない男はしないし、浮気をする男は何度でもします。

倫理と言うと難しく聞こえますが、私たちの多くは良いことも悪いことも共に反省し明日への糧と変えています。しかし、そうしない人もいます。
「どんな過ちも反省など必要ない、ただ謝れば済む」とそう思っている人です。だからこそ繰り返すのです。謝って、また繰り返すのです。

過去に浮気やそうした振る舞いを心より改めている方もいると思います。

もし彼に「浮気をしたことがある」と言われたら、「なぜしたの?」「今はどう思ってる?」と訊いてみましょう。
もし、彼の過去と現在に断絶があり、今の素敵な彼を信じられるならば、信じてあげましょう。

趣味がない(女性が趣味)

趣味がない男性はなぜ浮気しやすい傾向があるのでしょうか。
それは、時間と価値観の問題です。
時間は有限であり、私たちの誰もに等しくある貴重な資源です。

もちろん、家庭を省みないほど趣味に没頭されても困りますが、趣味があれば、それに多くの時間を費やす筈です。
従って、時間の天秤に女性と趣味を載せたとき、「女性との交友関係を広めるためにもっと時間を割こう」という選択は取られることがありません。たとえば、川釣りが趣味なら、人里離れた渓流でイワナやニジマスと何時間でも張り合っています。これでは女性を知り合うきっかけがありません。
もっとも、釣りは夜から泊りで行くこともあるため、それを口実に浮気をしている人もいるようですが、もし彼に怪しさを感じたら、どんな趣味でも等しく「今度連れてって欲しいなっ」て訊いてみましょう。

もちろん、NGを出す理由などありません。

趣味が多すぎる

多趣味の人も浮気率が高い?趣味があっても無くても浮気をしやすいなんて二律背反しているように思いますが、実は違います。

もちろん、多趣味であれば、スノーボードやサーフィン、ボルダリングなどその分だけ出会いの機会があります。
しかし、それだけではありません。

趣味とは、広さではなく深さです。これもやってみたい。あれも、それもやってみたい。全部極めたい。そんな浮ついた気持ちでできる趣味など1つもありません。徒に時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても何も形にならないままです。
しかしそれだけでは浮気とは関係ありませんね。その問題は、浮ついた行動です。
嗜好や持ち物がコロコロと変わるでも触れさせていただきましたが、浮気する男の特徴はまさに浮ついているという事です。

もし彼が多趣味であれば、どれかに絞るように促しあなたも率先して関わるようにしてみましょう。

目標がない

これはとても大切な事です。
目標は自分の関連する事すべてに必要です。

つまり、仕事の目標や家庭の目標、子どもや友達、同僚や上司、趣味、付き合い、旅行、介護や人生など、やると決めたときから進むべき指針となる目標の設定をします。

なぜ目標が必要なのか、それは時間があるからです。時間があるからこそ、目標を立て計画し、そして進んでいく必要があるのです。

目標が無いという事は、とても残念ですが、多くの事に躓くことになるでしょう。
目標や計画の無い事業プロジェクトなどあり得ません。

中には計画を立てられない人もいます。そんな時は、しっかりと2人の生活に根を張った目標を、共に考えていきましょう

肉体関係がすべてだと思っている

肉体関係が主となる付き合いは、決して長続きしません。
夕方になって適当なお店で夕食を共にし、ホテルや自宅で一夜をともにする。
それはとても素敵なことかもしれません。しかし、不倫などのように背徳的な感情がその刺激を増幅させる等の事が無い限り、それだけでは、やがてお互いに気持ちは停滞してきます。もちろん、不倫関係では、よりその出口を見失う事になります。

知らないという事は素敵です。
「一緒に居たい」という気持ちには、あなたの知らない顔をもっと知りたいという思いがあります。
これも、長く付き合えばそれだけ多くを知ることになります。当然、否応なく素敵な事だけではない顔を見ることになります。

その時に、肉体関係だけでしか真の会話をしてこなかったカップルには、マンネリ化と言わる現象が起こります。
「こんなはずじゃなかったのに…」そんな思いに占有され、他のまた知らない異性が魅力的に映るわけです。

では、どんな関係が望ましいのでしょうか。
たとえば、性の先進国と言われる北欧のフィンランドでは、恋愛関係やセックスには、相手への尊敬というが大切だと教えられます。
尊敬とは、明るい顔で仕事をこなしていたり、目標のために集中している横顔だったり、また、相手への振舞い方だったりと、多くの要素が絡み合い、その人の価値観と共に表わされた特別な人に向けられる感情だと言えます。

それは、精神的な繋がりと言えるのではないでしょうか。

家庭の中では「血のつながりのある子どもは家族だけど、妻と夫は他人」などと聞くことがありますね。
では、子どもが成人して生家を巣立ったら、あとに残るのは他人だけなのでしょうか。

心の繋がった友は、時として家族よりも強い絆を持つことがあります。

家族や子どもにこそ、この大切さを知って貰うべきではないでしょうか。

相手に興味がない

放任主義と無関心は全く異なります。

放任主義は、その人の個性を知り、できるだけ自分の力で道を切り開いていく事が大切だと考えます。
決して思いが離れることはなく、必要があればいつでも手を差し伸べる事でしょう。
自分よりも相手の事をよく考えています。

一方、無関心は、相手を考えていないことはありませんが、自分に害をもたらすようであれば容赦なく切り捨てます。
また、すべてに興味が無い訳ではありません。もしすべてに興味が無いのであれば、生きることは苦痛でしかないでしょう。
だからもし感じる事があるのならば、特定の人、例えばあなたに対してだけ興味が薄いということが考えられます。

これは、上記の利己主義でナルシストな男は浮気をするでも触れましたが、興味が無いという事は、対等な関係ではありません。

この処方箋は、あなた自身が興味の対象となる以外にはありません。
つまり、通い事や勉強をしたりなど、あなた自身が他の人にはない魅力を持つ必要があります。
また、相手の趣味などに興味を寄せ、共にその時間をすごしてみるの1つの方法ではないでしょうか。

遊び慣れていない

これは、浮気をする男の特徴というよりは、浮気の深みに嵌り込む男の特徴と言った方が正確かもしれません。
しかしだからと言って、遊びに慣れさせるわけにもいきません。

人には居場所があります。
もし、遊び慣れていないことが、その人のマジメさや優しさによるものならば、その人は女遊びを必要としていません。
大きな欲を求めることはなく、どんな事でも幸せを身近に感じられる人、と言えるかもしれません。

しかし、それでも他の異性に思いを向けるようなことがあれば、刺激策が有効でしょう。
彼に対し、彼の想像を超える事をやってみることをお勧めします。
浮気をしているからと言って、詰問するだけでは能無しです。
そんな時だからこそ、一生忘れられないような感動を与えるのも良いでしょう。

優しい人であれば、当然その異性にも心を砕くことになるはずです。そのため、問題の解決早ければ早いほど良いです。

女性に優しい(=おごる)

彼の優しさが好きになったのに、気づけばその優しさが気になることがありますね。

たとえ、彼が今までごく自然ふるまっていただけだとしても、女性は、彼は自分にだけ優しくあって欲しいと思うかもしれません。
その優しさが好きになったきっかけだとしたら、同じように彼を好きになる女性が現れても不思議ではありません。

しかし、ちょっと待ってください。

彼の優しさは、彼自身の美徳であったはずです。それを縛るという事は、彼を否定するという事になりはしませんか?

ここでいう「女性に優しい」とはそうではありません。「女性にだけ優しい」という事です。

優しさは大きく、①対価を求めるものと、②それ自身が目的であるものとに分かれます。
①は何かしらの利益計算のもとに差し伸べられた手であって、②はそうすることが自然だから動かされた手であるという事です。

彼が②のように自律的にそうしたのであれば、大丈夫、彼を信じてあげましょう。
しかし、①のように計算が先立つようであれば、相応の覚悟して付き合うようにしましょう。なぜなら、この動機は価値観と密接に結びついているため、変えることが容易でないからです。

浮気をする男は浮気をします。浮気をしない男はしません。

まとめ – 浮気する男の特徴

あなたにとって彼は特別な存在です。特別に見え、特別だと感じる存在です。

だからこそ浮気の猜疑心に苛まれるように思いますが、そうではありません。

彼を客観的にチェックしてみましょう✅

チェックがつくほど、彼には浮気性向があるということになります。

浮気する男の特徴のまとめ
メールアドレスをご入力いただければ、アドバイスを返信いたします。

[recaptcha size:normal]

もし、わずかでも浮気の疑いがあるなら、それは一番近くのあなたが最もよくご存じのはずです。
気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。