浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

過去にした浮気を何度も蒸し返してくるパートナーの対処法

浮気調査 探偵コラム 男女関係トラブル防止 過去にした浮気を何度も蒸し返してくるパートナーの対処法
  • 過去のことを何度も蒸し返される

過去にした浮気を何度も蒸し返してくるパートナーの対処法

復縁して関係を元に戻したのに何度も浮気話を蒸し返される

「またやってんじゃないの?」「自分が何をやったか忘れちゃった?」

自分のしてしまった浮気が発覚してからしっかりと反省し、パートナーに謝罪して、やっとのことで得られた許しから、関係を元に戻した方の中には、浮気当時の事を蒸し返されるという悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

せっかく再構築したのに、こんなに肩身の狭い生活をするのはさぞ辛いことでしょう。

そうした、相手の抱える負の気持ちをすっかり変えてしまうことは難しいかもしれませんが、しかし、自分の行動を変えていくことでそのつらい状況を打破することはできるかもしれません。

「変えられるのは自分だけ」そうよく言われます。

現状を改善するには、自分の行動や考え方を変えてゆかなければならないのでしょうか。

また、何をどのように変えることができるのでしょうか。

今回の記事では、夫婦関係を再構築したにもかかわらず、いつまでたっても過去の浮気話を蒸し返されるというような、いわば「モラハラ的」な考え方の転換の仕方や、そう呼ばれないような工夫を紹介します。

 

過去の浮気を何度も蒸し返してくる時の対処法

「仕方のないこと」という分別を持つ

仕方が無いという分別を持つ

仕方が無いという分別を持つ

最初に申し上げておきますが、再構築した後、浮気を蒸し返されるのは、ある程度仕方のないことです。

なかには、生涯、機会あるたびに蒸し返してくる人もいるかもしれません。

一生罪を背負いながら生きていけ、ということではないのですが、愛する人に裏切られるというのは、それほどに重大なことなのです。

浮気されたことによって、人間不信になったり、精神疾患にかかったりする人もいるということから、愛する者への裏切り行為が相手の心に与えたダメージの大きさを窺い知ることができるでしょう。

こればかりは、どうしようもないのです。

仕方がないと割り切ることをおすすめします。

詳しくは後述しますが、あまりにも続くようなら離婚を検討するのもひとつの手です。

復縁後の自分の行動をチェックする

復縁後の自分の行動をチェック

復縁後の自分の行動をチェック

夫婦関係を修復して関係を再構築した後、自分の行動はどのように変化したか確かめてみましょう。

いくら心のなかで反省しているといっても、行動で示さない限り、パートナーや家族に理解されることはありません。

もちろん、たとえ浮気でなくとも、再構築した後に異性と近い距離の付き合いをするなど、誠実さにかける行為はするべきではありません。

しかし、それだけでなく、家庭を軽く見たり、家族との約束を守らなかったりなど、日常生活での反省の態度が見られないと受け取られているフシはありませんか?

もし誰かの、言ったこととやっていることに違いがあったら、あなたはどちらを信じますか?

大切なことなので2回いいますが、たとえ罪悪感を持って自らの行為を「反省した」と口で言っても、それだけではとても信じてもらえないでしょう。

反省を具体的な行動に変える方法

反省を具体的な方法に変える

反省を具体的な方法に変える

「優しさ」を持ちましょう。

優しさとは、誰かの喜びやまた痛みを感じるとともに、誰かに対する思いやりを忘れることなく、またひとつとその行動を積み重ねていくことです。

家族の心をどれだけ知っているでしょうか。どんなことで家族が喜ぶか知っているでしょうか。それにしっかり応えているでしょうか。心ない言葉投げつけてはいないでしょうか。

浮気という裏切りを許し、再び家族として迎え入れてくれたパートナーや子どもを、今度は誰よりも受け入れて行かなければなりません。

家族サービスを積極的にしたり、家族とのコミュニケーションを多めに取るようにしましょう。パートナーや子どもの喜びを知り、苦しみを分かちそれらを共有してゆきましょう。

浮気を蒸し返される場面では、その時、他に何か良からぬことをしてしまった場合が多いため、腑に落ちないことがあったとしても素直に謝りましょう。

「浮気してた頃のことを、思い出させちゃったね、ごめん。」

そうしたひとつひとつの「優しさ」で、家族の傷は癒えていくはずです。その過去が笑い話になれば、初めてそれが赦されたと言えるでしょう。

もし、パートナーや家族を大切に想うならば、ただ大切にするだけでよいのです。

執拗に責められたならば直接話し合う

執拗なら直接話し合う

執拗なら直接話し合う

どんな事情があれ浮気をした側が悪いのですから、責められるのは仕方がありません。しかし、いつまでたっても過去の話を引きずり回し、浮気した側をずっと責め続けては、復縁をして関係の回復を約束した意義に反します。

浮気話を蒸し返されるのは当然ですが、それが仕返しを意図したように、日常のいたるところに悪意が散見し異常だと思うのなら、本人にそれを伝えてやめて欲しいというしかありません。

浮気をしつこく蒸し返すという人は、その言葉に権力のようなものを見出している可能性があります。そのままだと夫婦関係が誤った方向に進んでしまう事になります。

改めて話し合いの機会を設けましょう。そして、復縁に向けて夫婦関係の再構築をしたときの気持ちを確認しましょう。

相手はもしかすると、経済的に独立しづらいから離婚をせずに、敢えて復縁して仕返しを目論んだのかもしれません。しかし、一度きりのお互いの人生を不毛なままに過ごすのは、とても悲しいことではないでしょうか。

気持ちさえあれば、考えはいつでも改めることができます。

関係の修復をするという場合、少なからずまだ信じたいという気持ちがあるのですから、話し合いの余地はあると思われます。

最終手段として離婚を考えておく

いつまでも過去の浮気を執拗に蒸し返されても、なんとかして現状を変えるこを望みます。

しかし、なるべく避けたい手段ではありますが、離婚という選択を考えなければならない場合もあります。

そうした関係が、愛情を基礎とした公平な立場ではなく、罪科(つみとが)による主従関係に()しているのであれば、お互いにとって幸せな関係は望めないでしょう。

過去の浮気を蒸し返されるときにいちばん大切なこと

あなたは何を一番大切に考えますか?

 

しっかりと話合って謝罪し、行動を改めたにもかかわらず、いつまでも浮気話を蒸し返されるというようなときに考えてみてください。

最も大切にしているもの、何物にも優先したいこと、それは何でしょうか。もしかするとそれは、現在の環境のどこかに見つけられるでしょうか。

たとえどんなに努力しても、いくら尽くそうとも、それが報われないこともあります。

今の環境が、情に(ほだ)されたものでしかないのであれば、お互いをして、限りある時間を(いたずら)に消費しているという事に他なりません。

もしどうしても解決できない場合は、それはもしかすると、夫婦関係を解消して新しい幸せを見つけなさいという啓示なのかもしれません。

  • 過去の過ちを蒸し返されるのは、ある程度は仕方がない
  • 自分の行動が反省していないと受け取られていないか確かめる
  • 優しさを考える。家族サービスをする
  • 直接話し合いで解決を図る
  • 最悪の場合離婚を検討する←何が一番大切なことかを考えての判断

真剣に夫婦関係の改善をお考えの方へ

夫婦関係もまた人間関係です。この上ない幸せを得ることも、また不幸せを(かこ)つこともあるでしょう。

しかし、子どもがいらっしゃれば、離婚という選択を取ることが難しい場合もあります。

もし夫婦関係の修復を望まれていいるのであれば、夫婦関係の修復を専門とする夫婦カウンセラーに相談してみてください。

また、良好な夫婦関係を保つために浮気をする男の特徴をお互いに知っておくことも有意義な家族生活の一介になるはずです。