浮気調査のエキスパート|探偵東京 ISM調査事務所

もし浮気調査で浮気が確実になったら…その時アナタがすべき事

浮気調査 探偵コラム 浮気調査の方法 もし浮気調査で浮気が確実になったら…その時アナタがすべき事
  • 浮気発覚後にあなたがすべきこと

もし浮気調査で浮気が確実になったら…その時アナタがすべき事

浮気調査の後に浮気が判明したらどんな選択肢があるの?

もし、パートナーへの浮気の疑惑が確証に変わってしまった時アナタは一体どうしますか?

もし、浮気調査を依頼して、浮気が判明した場合、アナタはどうしますか?

信じていたパートナーの裏切りに「復讐したい」「仕返ししたい」や、「何もやる気がなくなった」「どうすればよいかわからない」など、いろいろなお気持ちを抱えることになるかもしれません。

しかし、もし“目には目を歯には歯を”と、そのまま復讐や仕返しをしても何の解決にもつながりません。また、“行動をしない選択”もそれは現状を消極的に認めることにもなってしまいます。

実は浮気問題は、相手が一番身近な存在であったからこそ、しっかりとした解決が望まれるのです。その先にはどんな選択肢があるのでしょうか。選択肢はしかし、それを知らなければ選ぶことはできません。

今回は、探偵会社に浮気調査を依頼して浮気の事実が判明した場合に、アナタがまずすべき事、その選択肢をご紹介していきたいと思います。

 

もし浮気を知ってしまったら、その時こそ冷静な判断が鍵!

浮気の発覚後は冷静な判断がカギ

浮気の発覚後は冷静な判断がカギ

(出典:http://free-photos.gatag.net/)

パートナーの浮気が発覚した時に受ける精神的なショックには、はかり知れないものがあると思います。

悲しみ、怒り、絶望、いろんな感情に、支配されます。

しかし、一時の感情に支配されて、冷静さを失った行動を取ってしまう事は、アナタの未来に対する選択肢を狭めてしまう事につながります。

非常時だからこそ、自分がこの先どうしていきたいのかをしっかり考え、それに応じた適切な対応が求められていきます。

パートナーの浮気が発覚!選択肢は3パターン

配偶者の浮気発覚後の選択肢は3パターン

配偶者の浮気発覚後の選択肢は3パターン

(出典:https://torabutta.com/)

パートナーの浮気が調査によって確定した場合、考えらえる選択肢は以下の3つです。

焦る必要はありません。もしお子様がいらっしゃれば、お子様を含めあなた自身の一番幸せな未来を描ける選択肢を選んでみてください。

別れる(離婚)

離婚届

浮気が発覚したら離婚する

(出典:http://www.hiddeninvestigator.com)

パートナーの不貞行為は許せない、浮気の事実があった場合は別離を選ぶという人は少なくありません。

婚姻関係にある場合は離婚に向けて話し合うことになりますが、話し合いがスムーズに運ばない場合も想定しましょう。

有利な条件で離婚を進めるには法的に有効な証拠をどれだけ揃える事が出来るかが鍵になります。

有利な条件で離婚を進める

浮気が発覚したら別離する

浮気が発覚したら別離する

(出典:https://p-dress.jp)

婚姻関係にある場合は、相手の不貞行為が明らかになっても簡単に別れるというわけにはいきません。

浮気の事実が明らかになった時というのは精神的にかなりのショックを受けますし、冷静な判断が出来なくなります。

しかし、その時の感情で別れ話を持ち出し後に、後悔する人は少なくありません。

新たな人生をスタートするためにも、出来るだけ有利な条件で離婚話をすすめる必要があります。相手が離婚を望んでいない場合は、離婚調停や裁判になる事があります。

その場合は法的に有効な証拠が必要になってきます。

具体的には配偶者が浮気相手と定期的に肉体関係にあったという証拠です。

法的に有効な証拠

  • ラブホテルに出入りする画像・動画(日付・時間がわかるもの)
  • 浮気相手との会話の録音
  • LINEやメールのやり取り
  • 探偵会社の浮気調査報告書

これらのものは離婚の話し合いを有利にすすめるために非常に有効です。

また以下の証拠は、単品ではそれほど効力がありませんが複数集める事である程度の効力を発揮します。

複数あわせることで証明力をもつ証拠

  • レストランなどのレシート(二人分の料金である事がわかるもの)
  • クレジットカードの明細
  • ECカードの記録
  • ラブホテルのポイントカード
  • アナタの日記(配偶者の態度や疑いに関する内容が定期的につづられているもの)
  • 浮気相手からのプレゼント
  • 周囲の人の証言

これらのものも積み重ねれば法的な証拠になりますので、無理のない範囲で集めておくとよいでしょう。

繰り返しになりますが、一度や二度の浮気の証拠ではなく「定期的」に関係があった事を裏付けるものが証拠としては強いので、自力での浮気調査というのはやはり難しいかもしれません。

精神的な負担が大きいですし、配偶者が浮気を疑われている事に気がついてしまうと行動を自重したり証拠隠滅を図ったりする可能性が高いからです。

確実に浮気の証拠が欲しい場合は、浮気の事実が判明した後もしばらく探偵会社に浮気調査を継続して依頼した方がよいかもしれません。

パートナーとの関係を修復

配偶者との関係修復

配偶者との関係修復

(出典:https://uwaki-pro.com)

パートナーの不貞行為が明らかになっていても、様々な理由から関係を出来るだけ修復したいと考える人も多い事でしょう。 その場合はいかに自分の気持ちに折り合いをつけていくか、が大切です。

関係を修復と気持ちの折り合いの付け方

夫婦関係の修復をする場合

夫婦関係の修復をする場合

  (出典:http://publicdomainq.net/)

パートナーの不貞行為が明らかになったとしても、すべての人が離別に踏み切るわけではありません。

むしろ、なんとかパートナーとの関係を修復しようという方の方が多いかもしれません。 特に子供がいる場合は、なるべく離婚は避けたいと考える方が多いのが事実です。

この場合は、パートナーに浮気の事実が判明した事を告げるか告げないかをまずは決めないといけません。 浮気の事実を踏まえた上で、二人でこれを「問題」として乗り越えていくか、それとも相手には調査したことも告げないかです。

どちらが正解という事はありませんので、パートナーの性格や状況で決断していくしかありません。 しかし、あまりに精神的なショックが大きい場合は、1人で抱え込まず周囲の人に相談して力を借りる事も必要です。

探偵会社の中には、心理カウンセラーを紹介してくれるところもありますので、一度相談に行かれるのも選択肢の1つではないでしょうか?

 

別れずに慰謝料請求

慰謝料請求計算機

別れずに慰謝料請求

(出典:http://wbg.jp/)

パートナーが不貞を働いていたという場合、悲しみよりも怒りを感じるという人も少なくありません。

婚姻関係にある場合は浮気相手だけでなく配偶者本人に対して慰謝料を求める事も出来ます。 次の項ではそれぞれの選択肢について詳しくお話しさせていただきます。

 

別れずに慰謝料請求する場合

別れずに慰謝料を請求する場合

別れずに慰謝料を請求する場合

(出典:https://www.pakutaso.com/)

パートナーの不貞行為が明らかになっても離婚はしないということも1つの選択肢です。

しかしそれでは気持ちがおさまらないという場合は慰謝料請求を求める事が出来ます。 相手に復讐したいという気持ちを合法的に実行するのであれば、これが一番の近道かもしれません。

いくら請求出来るかという明確な決まりはありませんが、離婚しない場合の慰謝料の相場50~100万円が相場となっています。 ただし、状況によっては浮気相手に対して慰謝料が出来ない事を求める事が出来ないケースもあります。

  • 浮気以前に既に夫婦関係が破たんしていた
  • 実質的に婚姻関係が破たんしており別居していた
  • 浮気相手が配偶者を既婚とは知らずに肉体関係を結んだ場合
  • 出会い系サイトなどで一晩限りの肉体関係に及んだ場合
  • 浮気相手の自由意志で肉体関係を持ったのではない場合(強姦・脅迫など)
  • これらのケースが該当する場合は、残念ながら慰謝料請求は出来ません。

まとめ – 浮気調査で浮気が判明したときにやるべき事

浮気が発覚した後にはどうすればいい?

浮気が発覚した後にはどうすればいい?

(出典:https://www.pakutaso.com/)

いかがでしたか?

今回は「浮気調査によって浮気が確定した場合にアナタがすべき事」というテーマでお送りさせていただきました。

配偶者の浮気の事実というのは、非常に重くアナタにのしかかります。 怒り、悲しみ、絶望、いろんな気持ちに支配される事と思います。

しかしそんな時だからこそ、冷静な判断が求められます。 難しいとは思いますが、探偵会社に浮気調査を依頼する前に浮気が確定した時の身の振り方について少し考えておく、つまり心の準備をしておくとよいかもしれません。

 

参考リンク

離婚と子どもについて

離婚の方法について

財産分与について