浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

「浮気調査の説明書」プロの探偵が浮気調査の方法を徹底解説❗

ISM調査事務所 探偵コラム 浮気調査の方法 「浮気調査の説明書」プロの探偵が浮気調査の方法を徹底解説❗
  • スペシャリスト

「浮気調査の説明書」プロの探偵が浮気調査の方法を徹底解説❗

浮気調査の説明書、探偵に調査を頼む理由

浮気調査をお考えのすべての方に、その知られざる調査の方法を徹底解説!

浮気調査によって何を明らかにしようとしていることや、調査の方法やそのリスク、また、浮気調査で取得した証拠の役立て方まで、プロの探偵が読者様のお声にお応えします。

 

 

浮気調査はどんな方法でするのか教えて下さい

はい。浮気調査とは、パートナー(夫・妻・恋人など)が本当に浮気をしているかどうか、真実を明らかにするための下調べです。

浮気調査とは、夫や妻など配偶者様の不貞行為に対し、浮気を証明できる法的根拠をもつ証拠を集め、疑いや反駁の余地がないまでに、すべてを明らかにすることです。

浮気調査では、その後の交渉を有利に進めるために必要な証拠を集め、慰謝料請求や離婚請求、あるいは夫婦関係の回復などいった、いずれの選択肢を前にしても、ご相談者さまにとって有利な立場を構築します。

調査内容を教えてください

調査にあたって、もし浮気をしているようであれば、

  • 浮気がどのように始まり、
  • いつどこでどのように行われているか、
  • どちらに浮気の主導権があるかなど、

当事者間の話し合いなどではなかなか見えてこない客観的な調査をできるだけ短期間に系統立てて計画し、実行します。

浮気していなかった場合はどうなりますか?

もちろん、浮気の事実が無ければそれに越したことはありません。しかし浮気の問題とは、ほか多くの問題と同様に、時間の経過とともに問題か複雑化・肥大化していく傾向があります。

浮気調査をするメリットは、こうした複雑化を未然に防ぐだけでなく、浮気をしていなかったことがわかるという側面もあるのです。

また、調査後に成果が出ない場合はお客さまの料金負担はありません。

浮気が発覚したらどんなことを考えておけばいいですか?

一概に浮気といっても、相手が既婚者であれば不倫と呼ばれますが、相手が既婚者である場合などは訴訟に至るケースも少なくありません。さらに、浮気相手との間に子どもを作ってしまった場合など今後も尾を引く問題を抱えることにもなります。

浮気の裁判ってどのような感じなんですか?

大変お伝えしにくいことでもありますが、依頼者さまのお言葉を頼りにする限り、訴訟に於いては、
”良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います”
という宣誓が守られる事は多くありません。

概して自分の否は認めず、相手に咎を創りだし、しかもそれを信じてしまうのです。

確かに嘘では無くなってしまうのかもしれません。が、真実は語られないということには変わりありません。

調査で得る証拠とはこうした場合のリスクを回避するための保険資産ともなります。

裁判で相手が嘘ばかり言ったらどうするのですか?

環境は日々変わってゆきますので、浮気調査をすればいつでも証拠が入手できるとは限りません。

しかし、証拠が無ければ、こちらの主張を通すことは難しく、また相手の主張を崩すことも難しいという現実があります。

浮気を疑うようなきっかけがあるのでしたら、その「潔白を証明するため」にも、また万が一のことを考慮して裁判や交渉などで「真実を証明するため」にも、浮気調査や素行調査によって、証拠を取得されることが限りなくひとつに近い解決法と言えます。

不倫とは“配偶者としての貞操義務の不履行”

結婚をしているにも拘らず行う浮気を私たちは不倫と呼びますが、民法では不貞行為といい、不法行為の1つとして定められています。

これによって離婚の訴えをすることができます。

(※配偶者に不貞な行為があったとき。民法第770条「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる」より。)

仮にパートナーの不倫が発覚した場合、お客様のご要望によりますが、下記のようないくつかの条件を満たす証拠があれば、浮気相手に対して慰謝料を請求をすることもできます。

  • 不倫の原因が、弱みや強制などによるものではなく、パートナーが既婚者であることを浮気相手が知っていたか知り得た場合。
  • 浮気相手がパートナーと結んだ不倫関係において主導的な立場であった場合。 など。

(※故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。民法709条「不法行為による損害賠償」より。)

浮気調査を探偵に依頼する理由

自分で浮気を調べるリスク

「もしかしてパートナーが浮気をしているかもしれない、、」

もし、そのような疑念を抱いた際には、事実を確認したくなりますよね。

しかし、真実を問い正そうといきなり行動を起こすことは、かなりのリスクがあり危険も伴います。

仮にパートナーの素行を調べようと尾行したとしましょう。

まず素人の追跡では、見つかってしまう可能性が高いです。加えて、見知った顔です。普段はいるはずの無い所にあなたがいれば、パートナーは余計に警戒するでしょう。

浮気を疑っていることを逆手に取ってくるかもしれません。

もし浮気ではなく、ただの勘違いであれば、要らぬ誤解から、逆に別れ話を切り出される危険性もあります。

また、たとえ浮気をしていても、これを口実にして上下関係のような事を迫ってくるケースもあります。

さらに、浮気調査については、この一度バレてしまったということが、相手は警戒心を強めるには十分な効果を発揮しますので、それ以降の調査を非常に困難にさせます。

携帯電話、スマートフォンの着信履歴やメールの隠ぺい。また、ロックを掛けられたり、ロックナンバーを変えられてしまうというケースも十分に考えられます。

浮気調査を探偵に依頼するメリット

探偵に浮気調査を依頼する最大のメリットは、

  • 浮気の現場を直接見てしまう事で受ける心的なダメージ、
  • 見てしまったことで抑えられない衝動的な行動を取ること、
  • 解決されないまま心に闇を抱えて過ごさざるを得ないこれからの時間と

を避ける事ができるということです。

不確かなまま、個人で感情的な浮気調べをした結果、望まない事態となる前に、浮気調査のノウハウを持った、私たち浮気調査の専門の探偵に、どうかお任せくださいませ。

法的に浮気の証拠として使える証拠とは

近年の離婚問題に関する裁判において、浮気や不倫の事実を示す証拠として、スマホなどの携帯電話で、LINEやSNS、メールのやりとりが、証拠として提出されるケースが増えてきました。

しかしながら、メールの文面によっては、不倫そのものを匂わせる曖昧な文章で構成された物も多く、裁判では証拠として使えないケースも少なくありません。

浮気調査での代表的な物的証拠は、やはり映像写真・手帳・その他浮気相手との密会に関係する物といったものとなります。

離婚を視野に入れるのならば、これらの動かぬ重要証拠は、交渉を有利に進める際にも、慰謝料を請求する上でも重要な役割を果たします。

裁判における証拠とは、その証拠能力に疑念が生じるようなものであることは許されません。

 

パートナーや不倫相手の警戒を強める前に、浮気調査において確かな実績を持つ、ISM調査事務所にご依頼ください。

 

浮気調査を詳しく知りたい方へ

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

浮気調査の探偵

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内

 

2016/02/16-23:23|カテゴリー: 浮気調査の方法|タグ: , , , , , |「浮気調査の説明書」プロの探偵が浮気調査の方法を徹底解説❗ はコメントを受け付けていません。