浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

LINEの浮気の証拠をつかむ方法。LINEが浮気の温床に⁉

ISM調査事務所 探偵コラム 浮気アプリ LINEの浮気の証拠をつかむ方法。LINEが浮気の温床に⁉
  • LINEの浮気の証拠をつかむ方法

LINEの浮気の証拠をつかむ方法。LINEが浮気の温床に⁉

LINEのやり取りから浮気の証拠をつかむ方法とその対処法

LINEは月間アクティブユーザー数が2億人以上

帯電話が普及し始めた当初、メールや電話の機能が浮気のツールとして用いられていました。携帯電話はどこでも使うことができ、見えないところでコソコソと連絡をとりあうには絶好のツールだったわけです。

現在ではスマートフォンアプリLINEの普及でメールや電話よりもLINEが浮気のツールとして使われるケースが現れてきました。

LINEは、日本を含む東南アジアの10~40代に幅広く支持されているSNSアプリです。

なぜLINEが浮気に使われるのでしょうか。今回はLINEが浮気に使われる理由とともに、LINE上で浮気を疑うケースと、その効果的な対処法も合わせて紹介します。

 

メールや電話よりもLINEの方が浮気しやすい理由とは

LINEなどチャットアプリの登場によって、浮気の件数は飛躍的に上昇しました。それは、会話という要素があるからです。関係の薄い相手でもLIENのメッセのやり取りをするうちに親密な関係になる事も少なくなりません。

やり取りした会話の証拠を隠しやすく、消しやすい

LINEはメールとは違って”チャット”の形態で会話を管理しているため、いざというときはこのチャットルームを消してしまえば、メールのように消し忘れなどなくメッセの履歴を完全に消し去ってしまうことができます。

チャットルーム内に通話も記録されるのでチャットルームを消去することで合わせて通話履歴も消去されます。

過去、メールと通話履歴をそれぞれ別々に、それも一件づつ消さなくてはならなく、1つでも消し忘れがあれば一発でアウトだった従来に比べて、格段に証拠隠滅が図りやすくなっています。

定期的に消去しておけば突然、「この前は楽しかったー(^^)ありがと」などとデートの感謝メッセージが届いても、文脈がわからないためにごまかしが効きます。(もっとも、”デート”などの文面が入っていたらアウトですが)

また、ピンチになったらブロックしてしまえばメッセージが来ることはないのでそういった点でも発覚しにくいです。

メールはブロックすることができません。仮に迷惑メールに振り分けたとしてもそれは届いているので調べようと思えば簡単に調べることができます。

プッシュ通知を切ることもできるため、よくありがちな、偶然画面を見て発覚するケースを避けることもできてしまうのです。

相手の表示名を変えることができる

気をする上で、やり取りする相手をそもそも同性にしておけば、プッシュ通知にデートと言う文面のあるメッセージが届こうと「友達がふざけてるだけ」などと言ってごまかすことができます。

だから敢えて通知を切らないということもできるのです。

LINE上で浮気している疑いのある場合

でにおわかりの方もいらっしゃると思いますが、LINEの浮気に限らず、共通する浮気の疑いポイントとして、行動の変化ということがあります。

浮気の疑いが、スマートフォンを肌身離さず持ち歩いている、外出が増える、服装が変化する、などといった、特に急激に変化した場合には注意が必要です。

前と比べて明らかにスマートフォンを触る時間が増えた

に文章を入力している動きが増えたのならば、LINEに限らず何かのメッセージアプリで浮気相手と会話している可能性もあります。友達だという可能性もありますが、それは他の行動と合わせてチェックすることで答えがわかるでしょう。

LINEアプリにパスコードがかかるようになった

マートフォン自体のロックについても言えることですが、以前はロックなどかけていなかったのに急にかけ始めたりした場合、他の怪しい行動と組み合わせてみて、浮気の疑いがあると判断することができます。

夫婦の中には、スマートフォン自体のロックについて、お互いにパスコードを教え合い、いつでも見てもいい、というようにルールを作っている家庭もあるとおもいますが、そういった場合ならなおさらLINEアプリ自体にロックがかかっていたら疑いが強まります。

ポップアップ通知に浮気している側から見て異性からのメッセージがある

LINEの通知は設定にもよりますが、少なくとも相手のハンドルネームは出ます。内容が確認できるようならラッキーです。内容をみて判断しましょう。ただし、ここで浮気している側から見て同性からのメッセージだった場合でも油断してはいけません。

他の行動と合わせて、怪しい場合にはその表示されている名前は偽造された名前である可能性があります。

 

LINEでの浮気の疑いが強まった場合にする事

らかじめお話しいたしますが、浮気していると疑い始めた時に絶対に本人に悟られたり、浮気を疑っていることを伝えないようにしてください。

前述したようにLINEで浮気していた証拠は簡単に消すことができます。浮気に気づいていることが相手に知られたら手口がさらに巧妙になるだけで発覚しにくくなります。

本人と話し合うタイミングは十分な証拠を掴んでからにしましょう。

LINEの会話履歴を押さえる

LINEにパスコードがかけられている場合、浮気の証拠を集めることは難しいです。こればかりはどうしようもありません。知るタイミングを探るところから始めなければなりません。

2人で撮った写真を加工してLINEに送り、「ちゃんと送れてるかな?」などと言って確認してみましょう。証拠がなければ浮気していることを認めさせることは難しいです。

会話履歴を見れるようになったとき、気をつけることは未読メッセージには一切触らないことです。既読をつけてしまうと悟られてしまいます。故障で片付けることもできるかもしれませんが…間違って触れてしまうと危険です。

既読をつけなずにLINEのメッセージを見る方法

LINEでメッセージに既読をつけない方法として「機内モード」にして通信をすべて切ってから閲覧するという方法があります。

安全のため機内モードにして作業してください。一度すべての会話に目を通してください。何か手がかりがあるかもしれません。

証拠となる会話はLINEのバックアップ機能を使ってメールで自身のメールアドレスに送信してください。

なお、送った時に送信済みメールとして相手の方に記録が残るので忘れず削除しておきましょう。

パソコンからLINEを監視する

PCからLINEを監視する方法があります。

LINEにはPC版が用意されており、初回ログインでは登録した電話番号かメールアドレスとパスワード、さらにスマートフォンで行う本人認証をもってログインすることになります。

本人認証ですが、スマートフォンにSMSで届くので、忘れず削除しておいてください。

パスワードについてはリセットすることになり、登録したメールアドレスにリセットのメールが届きます。こちらも削除しておいてください。

ログインした後、未読メッセージに手を付けることは避けたほうが良いでしょう。

より入念にやるのなら、ログインするコンピューターの名前を変更しておいてください。LINEの設定ページからどんな名前の端末からアクセスしているかがわかるからです。

「〜家のPC」というような名前では確実に相手に悟られてしまいます。

この方法については安易に行うことを避けたほうがよいです。もし浮気をしていないという事になったら夫婦の仲は確実に悪くなります。誰がどう見ても黒だと判断できる場合にのみ行いましょう。

 

LINEで浮気の証拠をつかむ方法 まとめ

本的にパートナーのしている行動が不明確になり、今までと比べて行動や趣味嗜好が劇的に変化したと感じた場合は浮気を疑ってまちがいありません。

コミュニケーションを取るアプリとして普及しているLINEは浮気を決定づける要素になりますが、法律上の確実な浮気の証拠とは、さらに浮気事実の証明を果たす証拠が必要となります。しかし、浮気のLINEを見極めるには十分な役割と持つことは間違いありません。

もしLINEで疑わしいやり取りを見つけてしまったら、相手がその証拠を隠してしまう前に無料相談へご相談ください。

ISM調査事務所では24時間無料の相談を受け付けております。

 

無料相談で調査を依頼するか確認する

 

LINEから証拠を得るには

LINEはスマートフォンを持っている日本人なら誰もが利用しているアプリといえるでしょう。私たちに馴染みの深いこのLINEをはじめ多くのSNSは、それが無くては知り合う事の無かった人との距離を近しくしています。

LINEは広範な不特定多数の人とのやり取りを対象としたSNSではありませんが、だからこそ親密度が高まりやすいのです。この感覚は他のSNSにはなくLINEにだけある特性といえるのではないでしょうか。

このため、パートナーのLINEの使い方にはよく注意をしておくことが大事です。

もし、LINEに(浮気かな?)と感じたなら、証拠を探ってみましょう。

そして、小手先の言葉で逃れられない、確かな証拠を取得する事をお考えであれば、以下を参照してくださいませ。

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

 

 

Twitter上での浮気を調べる方法は以下を参照してください。