浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

離婚したい。探偵と弁護士、裁判にはいくらかかる?

ISM調査事務所 探偵コラム 浮気調査の方法 離婚したい。探偵と弁護士、裁判にはいくらかかる?
  • 探偵と弁護士、裁判にはいくらかかる?

離婚したい。探偵と弁護士、裁判にはいくらかかる?

離婚したい。【裁判にはいくらかかる?】

離婚するためには、離婚請求や慰謝料請求に必要となる証拠を取得する必要があります。

証拠を取得するのは探偵です。裁判中は弁護士が依頼者の弁護を行います。また、あまり知られていませんが、裁判には裁判費用が掛かります。

これらをすべて勘案したうえで最適な選択肢を選べるようご案内いたします。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

離婚するためにはどのくらいの費用が掛かるのですか?慰謝料と相殺できますか?

離婚までにかかる費用は、そこまでに取った選択によって大きく変わります。

まずここでは、探偵と弁護士、裁判についてのを概説させていただきます。
探偵料金の相場、弁護士の報酬の相場、裁判費用については、それぞれのリンクで詳細を確認して下さい。

離婚の費用を変動させる要因『情報の非対称性』とは

情報の非対称性とは、ある決まり事について「私は知らない、あなたは知っている」というように、持っている情報に偏りが在る状態のことです。

「探偵や弁護士、裁判など」普段は関わりを持つことのないサービスは他にもたくさんあります。病院などもそのひとつかもしれません。

しかし、病院と大きく違うのは、その市場の閉鎖性です。

離婚問題の多くの場合、相談から依頼、解決までの契約を閉鎖的な空間で行いますので、普段からその業務にあたっている、原則と例外を知り尽くした専門家と、かたや初めて利用を考えている個人とでは、情報に大きな偏りがあります。またこれは経験則でもありますが、「知らない」とういう弱みによって契約は正当に行われない場合も多いのです。

では、まず離婚までに通る偏りの生じやすいある項目の分類から見てみます。

「探偵と弁護士」と「裁判」は別物です

当たり前です。しかし、「探偵と弁護士」と「裁判」との違いを、とってもシンプルにして考えてみると、前者は民間、後者は官公庁だということが言えます。
それは、利益団体と、非営利団体や公益団体とに言い換えられます。

これは、一応の定めとして働く「探偵の契約方法及び費用の規定」や、「弁護士の費用の規程」によっても明らかなことで、一見して公益に資するような「士業」であっても「利益を追求することも許される」ということなのです。

これは、利益のみを追求するようなケースが現に起こっています。

例えば、「裁判費用は高額!」というイメージ、実は、その殆どの部分が弁護士費用だと言われています(専任する弁護士によります)。

また、裁判費用に占める「高額な弁護士費用(報酬)】の割合については、これまでに幾度と無くニュースにも取り上げられています。

【利益と使命】その考え方が色濃く表れる探偵と弁護士

社会生活でも、周りにもいろいろな人がいますが、それと同じことが弁護士にも言えそうです。

ましてや、「法の番人」と言うイメージからもすべての行為は正当であるかのような印象を受けてしまいがちです。

また、それを指してなのか「弁護士は個人事業主」という言葉さえ聞くことがあります。

ですから、もちろん利益よりも使命を大切に考える弁護士もいらっしゃいますが、依頼者としての自分を守るためには、弁護士もひとつの経済主体であり、正当性とは法律上に於いて考えられているということを忘れないようにしましょう。

もし、法律に抵触することさえなければすべてが許さるのならば、争いが生じることも無いのですから。

探偵の料金は市場価格?【探偵の依頼料金の相場】を知っておこう!

探偵は探偵業法という法律に準拠して営業を行っているのですが、その中には見積りの交付時期や支払い時期などについての記述はありますが、料金についての規程や指針はありません。

つまり、探偵に調査を依頼する際にかかる料金には、弁護士以上に規程がなく、その価格は市場でお客様と探偵社との合意に委ねられているのです。

探偵業界として料金体系を統一することが独占禁止法2条6項に規定する「不当な取引制限」にあたるため、業界団体が目安の料金表示、料金について会員に指導することはできない。探偵業者それぞれにおいて料金基準を設け、調査の実情に合った見積りを行う。

出典:Wiki-探偵-調査料金

ですから、探偵社は弁護士以上に慎重に選ぶ必要があります。

浮気調査は「見せかけ」の料金だけで選ぶと失敗する

「どうせなら費用は安く抑えたい!」そう誰もが思うことでしょう。それは当然のことです。

でも、ちょっと待って下さい!

実際的に調査員の人件費だけをみても、調査には費用がかかります。ということは「安かろう悪ろう」ということになります。

本当にここではとても明かせないくらいに悪質な業者が存在するのです。

ですから、いかに魅力的な言葉あっても、業者を選ぶ第一規準は「(見せかけの)安い」ではなく「信用」「信頼」という事から考えましょう。

そしてこの浮気調査が、離婚を考えるものであるならば、離婚を念頭においた調査を行うことで、最も低い離婚費用でスピーディにご希望の解決を目指すことができます。

ホームページの金額は在って無いようなもの?

冒頭の料金規程で書いた通り、探偵を依頼する際のの料金額は探偵各社の裁量とお客様の合意で決定するということがまず一つ挙げられます。

それから、合意さえできれば高い方が良いと考える業者の存在が窺われます。

以上から、「見せかけの安さ」と「実際の料金の乖離」、その「安さ」の真実味が尚更に薄くなってくるのです。

意外と少ない裁判費用【裁判費用の構成】

詳しくは「裁判の費用(訴訟費用)の相場」に改めますが、一般的に、裁判にかかる費用は大きく3つに分けられます。

  1. 裁判所の行為に必要な裁判費用
  2. 当事者の行為に必要な当事者費用
  3. 弁護士費用

1は、裁判を円滑にすすめるために必要な費用、2は被告と原告の旅費等です。
3は、任意要件なので裁判費用には含まれていないですが、法律を争う裁判では必須とも言えるでしょう。

以下の表は、1.裁判費用のひとつですが、他の訴訟費用も押し並べて、よく言わるように裁判費用自体が高額だという印象は受けません。

訴訟提起の手数料
請求額手数料率請求額増額単位
100万円まで1.0%1,000円単位
100~500万円まで0.5%1,000円単位
500~1000万円まで0.4%2,000円単位
1000万円~10億円まで0.3%3,000円単位

裁判で自分の主張を勝ち取るための弁護士

できるなら一生関わりたくない裁判所【裁き裁かれるということ】

民事裁判は、どうしても話し合いでの合意や解決に至れない場合に限って行うことをおすすめします。

また、その場合でも金銭的なものだけに限らずに、未来にかけて得る事と失うこととをご相談の上にしっかりとお考えいただくことが大切です。

私たちは、お客様に最適なご提案をさせていただくとともに、誰よりもお近くでお客様のお気持ちを汲み取り最後までサポートしていきます。

人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。

(ルカによる福音書 / 6章 37節)

 

浮気調査の探偵

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内

 

2016/04/20-9:09|カテゴリー: 浮気調査の方法|タグ: , , , , |離婚したい。探偵と弁護士、裁判にはいくらかかる? はコメントを受け付けていません。