浮気調査のエキスパート|東京の探偵 ISM調査事務所

【脱獄iPhone】販売容疑で逮捕。チートの幇助を目的とした取引か

ISM調査事務所 探偵コラム 探偵ニュース 【脱獄iPhone】販売容疑で逮捕。チートの幇助を目的とした取引か
  • 「脱獄」iPhone販売で逮捕チート行為か

【脱獄iPhone】販売容疑で逮捕。チートの幇助を目的とした取引か

「脱獄」で荒稼ぎiPhone販売容疑で初摘発 富山の男性を逮捕

不適正な利用を目的に改造したiPhoneをオークションサイトで販売したなどとして、警察は、富山市の24歳の男性が商標法違反の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、容疑者は、ことし春ごろ、iPhoneの「iOS」という基本ソフトを不正に改造した端末5台をオークションサイトで販売したなどとして、商標法違反の疑いが持たれているようです。

 

iPhoneの「脱獄」とは

こうした改造は、販売元のアップル社の規制から逃れるという意味で「脱獄」と呼ばれています。つまり、「脱獄」とは、iPhoneの「iOS」と呼ばれる基本ソフトを改造する行為です。

iPhoneでは、安全性の問題からアップル社が公式に認めたアプリしかダウンロードできないように規制されていますが、「脱獄」するとこの規制が解除され、どんなアプリでも入手できるようになり、ゲームの不正利用などが行われてしまうということです。

脱獄について専門家は、安全性が低下し、ウイルス感染する危険性が高まることを指摘しています。

警察は、これまでに容疑者の自宅を捜索するなどして、ネット上での売買の実態を捜査しています。

こうした改造を行ったiPhoneを販売したとして摘発されるのは全国で初めてです。

「脱獄」の仕組み

iPhoneでは、「AppStore」というアイコンから、アップル社が正規に提供しているアプリをダウンロードすることができます。

一方、「脱獄iPhone」では、これに代わる別のアイコンが表示され、そこからゲームなどを不正に利用できるような、アップル社が認めていないインフォーマルのアプリを入手することができます。

例えば、「モンスターストライク」という人気ゲームの場合、倒すのが難しい強敵を一撃で倒せたり、入手が難しいキャラクターを簡単に入手できたりする不正を行える非公式のアプリがあり、逮捕された男は、このアプリがインストールされた「脱獄済み」のiPhoneを販売したと見られています。

また、「脱獄」をうたうiPhoneの中には、画面のデザインを変更できるほか、カメラのシャッター音をオフにできるものもあります。

アメリカでは、「脱獄」行為そのものは著作権関連の法令には直ちに違反しないとされていますが、専門家は、安全性が低下し、ウイルス感染の危険性が高まると指摘しています。

脱獄とモンスターストライク

今回の事件はミクシィが運営する「モンスターストラク(モンスト)」というスマートフォン向けゲームのチートアプリを搭載して不正使用できる状態で販売されていたことが問題視されているようです。

「モンスターストライク」とは、会員制交流サイトを運営する「ミクシィ」が、平成25年に発売したスマートフォン向けのゲームアプリです。自分で育てたキャラクターで敵を倒して遊ぶもので、ダウンロード数が3500万を超えるなど、国内発のスマートフォン向けのゲームとしては有数のヒットになりました。

チートとは

チートアプリとは、コンピュータゲームを通常とは異なる動作をさせる事ができるようにするもので、チートアプリを使用すると、たとえば、「敵を確実に一撃で倒す」「レアイテムの取得」など、昔でいう「バグ技や裏技」のような事を可能とするものです。

チート(cheat)とは、「ずるいや騙す」と訳されます。このチート行為によって、大きくゲームバランスが崩れるだけでなく、通常通りプレーをしているユーザーにも多大な迷惑が掛かります

不正ツール(チートツール)を使用するとサーバ側にしっかりとログが残ります。言わば監視カメラのついた小屋の中で紙幣を偽造するようなものです。

チート行為で逮捕

2016年6月に、パズドラでチート行為をしていたチーターが逮捕されました。

人気のスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のセキュリティーを無効化する不正プログラム「チートツール」を作成したとして、神奈川県警が15日、広島県の私立大の男子学生(21)を著作権法違反の疑いで逮捕したされました。

犯人はただ「目立ちたい」という幼稚な動機でチートツールをバラ撒きましたが、逮捕されて実名を報道されることになりました。パズドラのチートツールの作成者を逮捕するのはこの時も全国初ということでした。

モンストを有利に進行できるようデータを改竄できる「チートツール」と呼ばれる不正プログラムを、インターネット上から自宅パソコンにダウンロード。昨年12月、このプログラムを使い、レアキャラクター3体を不正に入手。その不正に入手したキャラクターを売るとインターネットオークションに書き込み、落札者に3体をセットで約1500円で販売。昨年4月~今年2月、同様の手口で計約440万円を稼いでいたようです。

パズドラを運営するガンホー・オンライン・エンターテイメントは、このような不正行為は、アカウント停止といったゲーム内の措置を受けるだけでなく、今回の事件のように「著作権法違反」など現実社会における罪に問われる可能性があるため、「絶対におこなわないでください」と呼びかけています。

脱獄iPhoneの販売がなぜ「商標法違反」なのか

改造した電話を売ることがなぜ法律に触れるのでしょうか。また、なぜその根拠が商標法なのでしょうか。これに該当しそうな法律をそれぞれ検証しながら説明していきます。

電波法その他の法令違反

販売するまでは所有権は購入した人にあるので、電波法その他の法令に違反する改造でない限り、検挙はできません。 一応、アップルのソフトウエアは改造不可ということになっていますが、これは私人間の契約なので、法執行機関の出番のある話ではありません。

商標法違反

そこで、iPhone と偽ってiPhoneとは違うソフトを入れたものを売ったと言うことを、詐欺ではなく、商標法違反として摘発したという理屈です。

つまり内部のOSは不正改造した偽物、外観は本物だから「ニセモノを販売した」という解釈です。

争点は、どこからが偽物でどこからが本物かという線引きです。それによってはソフトの入ったパソコンでも商標法違反に該当することになります。

詐欺

詐欺として立件する場合はどうでしょうか。詐欺の場合は、買った人が経済的損害を受けていないといけないのですが、買った人はもちろん脱獄を知っていて買ったので、詐欺には該当しません。

このため、前述のとおり、恐らくは、意図的にした「脱獄」という行為によって付加価値を付けたiPhoneによく似た商品を、オリジナルのiPhoneを利用して不正に製造して販売したという形を取り、さらにはチート行為をさせることを助長したという悪質性がポイントとなるでしょう。

不正アクセス禁止法

今回の「脱獄」はチート行為を可能にするという事が販売文句であったため、商標法よりもむしろ不正アクセス禁止法の幇助に当たるのではないかという専門家もいます。

公判維持

検察は、立件・勝訴できる見込みで逮捕に踏み込んだわけですが、普通に考えればこの商標法違反としての公判維持は難しいと思われます。

そもそも商標法の違反とは「商標が有する品質保証機能を害するおそれがあるという判断に基づくもの」であることがその要件となります。

品質保証とは、アップル社がユーザーに対して行う保証などとは違い、これを欠いては品質の機能や同一性を保てないという事を指します。

つまり、商標法違反においては「脱獄」あるいはそれに準じる設定を行った端末はiPhoneではないと言えるのかという事が争点になります。

弁護士の意見

また、たとえアップル社が規約で禁止しているとういうものの、「脱獄」は誰にでもできることであり、また、それによって品質を害するという事が妥当するのかどうかに疑問を提示する弁護士もいます。

中古市場

たとえば、中古市場ではどうでしょうか。改造を知らずに販売することもあるでしょう。

当然、「商標法違反品」を販売すれば、いつでも契約の取り消しの対象になります。

さらに、それを知っていれば、今度は「商標法違反」「詐欺罪」「不正競争防止法違反」などと言った事が現実味を帯びてきます。

中古市場に流通しているアップル社の商標を持つ物について、アップル社の想定外の状態であってはならないというのは、なかなか通用しないでしょう。

民事裁判

民事裁判の場合は、このチート行為によって被った損害額を証明する必要があるのですが、そもそもアイテムなどの出現には偶然性が関与するものですので、立証は難しいと思われます。

 

NHKニュース:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160929/k10010710681000.htm

 

浮気常習者は、脱獄iPhoneを使用していることが多い

iPhoneを脱獄することによって、スマートフォンの履歴などの情報を完全に消すことができます。

その他、AppStoreにはモラルや悪質性などの点から認められなかった不正なアプリを使用することができるようになります。

AppStoreからのアプリ利用料の半額がアップル社利益となる構造からも、アップル社は脱獄対策に相当の力を入れてきていることが伺える事案でもあります。

パートナーがもしかすると、警察に逮捕される恐れもあるという事です。

脱獄iPhoneを使用している疑いがあるようでしたら、確認いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

 

浮気や不倫で悩んでいるなら、無料相談

浮気調査の探偵

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内