浮気調査ならお任せください!東京で最も信頼されている探偵事務所 0120-341-801

離婚が子どもに与える影響。子供のためにできる事

  ISM調査事務所 探偵コラム 男女関係トラブル防止 離婚が子どもに与える影響。子供のためにできる事
  • 離婚が子どもに与える影響

離婚が子どもに与える影響。子供のためにできる事


離婚が子供に与える影響

婚は、子どもがいる場合、その子にとって選ぶことのできない大きな選択肢を子どもに投げかけることになります。

確かに離婚がやむを得ない場合もあります。しかしそれは、子どもには関係のないことのはずです。ですから、できる限り子どもの利益を考えてその影響や子どものためにできることをしっかりと考えておく必要があります。

子どもは幼いほど、パパとママ両方からの愛情を必要としています。たとえ、DVを原因とする離婚であったとしても、生活を共にしてきた自分自身のアイデンティティの根拠でもある親との別れは、子供にとって深い傷や喪失感を負わせる事になります。

そして、その喪失感という痛みを埋めることができないがために、子どもは、それを自分自身のせいにしてしまう事があります。

つまり、子どもは「自分のせいで離婚したのでは?」と感じやすいです。

子どもがいる場合の離婚は、こうした精神的なフォローが最も大切になります。

その次に養育費や親権、面会交流権など法律上の問題が出てきます。

今回は子どもに心の傷を負わせることなく、別れという決断をするためにやっておくべきことを以下に紹介させていただきます。

 

成長期の子どもへの影響

子さまがいる場合、離婚時にもっとも頭を悩ますのは、子どもへの悪影響でしょう。

また他にも、離婚の原因がドメスティック・バイオレンス(DV)など、精神的影響を考慮する必要のある場合は、親権をどちらが得るか、面会はどうするか、など多くの問題があります。

子どもの心と親への愛情

長期の子どもの心は、これまで生活をともにして来た親の愛情に多くのことを依存しています。

このため離婚によって、それまで経験の無かった愛する者との別れという喪失感から、心を塞ぎこんでしまうことがあります。

たとえ、子どもへのDVがあったような場合でも、ケースによっては、親への依存として現れるPTSD(心的外傷後ストレス障害)として表面化することで一体性を感じ、別れがもたらす存在の消失による虚脱感を覚える子どももいます。

「小さいから」などと言って別れの理由を伝えないでいると、別れのショックとその理由が隠されることにより、もしかすると別れの原因は自分のせいなのではないかと考え始めることも少なくありません。

成長期の子どもにとって何よりも必要なのは、親からの愛情であり、親が贈る子どもとの密なスキンシップなのです。

心から子どもを理解するには

れが子どもの心に離婚を受け入れてもらうための一番大切なことです。

子どもは親を愛しています。また親の愛を必要としています。

これは、夫婦の結びつきとはまた異なる、失われることのない愛情と言えるでしょう。

ですから、離婚によって、夫婦の愛が冷めて2人が対立し、別れた夫やまた別れた妻に対する憎しみを持ち続けることは、子どもに”自分の両親は仲良くなかった”「いがみ合う親」として影響を与えてしまう事もあります。

両親の不仲で子どもが抱える3つの葛藤

  • 子どもから見れば自分のルーツである両親が憎み合うという葛藤。
  • 裁判で自分の両親が対決するという葛藤。
  • 仮に離婚をせずとも、仮面夫婦のようにお互い干渉せずに暮らす両親への配慮や葛藤。

誰のために離婚をするのか

どもを孤独にさせる、このような葛藤を与える選択が、唯一の方法として本当に望ましいのでしょうか。

また、離婚して「片親」として育てていく事は、特に女性に当てはまりますが経済的にも厳しいのが現実です。

離婚をしても、職を選ばなければ生活していくに困らない選択肢もあるでしょう。

職に貴賤はありません。誰かのために働く事は素晴らしいことです。

しかし、その働かざるを得ない時間のその分だけ、子どもと過ごす時間が減りゆきます。

誰にでも幼いころに、孤独な夜を感じたことはあるはずです。

独りの夜を思い出せますか?

どもにとっての夜の怖さとは、大人の感じている夜とは全く別物です。

聞こえるはずの無い声を聞き、何もないはずの暗がりに何かが蠢いている。

感性の豊かな幼少期の子どもに、明かりの灯らない暗い家庭に独り過ごさせる事は、家庭は暖かく大切にすべきものだという事が思い出から除かれてしまいます。

子どもにとって、最も大切なのが自宅や家庭ではなくなってしまいます。

繰り返しますが、子どもにとって必要な物は、お金でも食べ物でもありません。親からの愛情であり、家庭での温かな思い出なのです。

離婚を後悔に変えないためには

婚するか、あるいは離婚せずに我慢して暮らすのか。

ただもしできるなら、もう一度2人で話し合って、子どものために2人がともに変わるよう努力することも大事です。

また、もしうまくいかなくとも、夫婦仲の修復のためにやれることはやったと納得できるはずです。

そして、どんな結果になろうとも、子どもには「大好きだよ」「愛してるいるよ」と、抱きしめながら子どものために愛情を伝えましょう。

子どもを連れて離婚をするというのであれば、子どもの目線に立って「離婚をするべきか」を考え、決断しましょう。

離婚はそれほどインパクトの強いものだと肝に銘じてください。

子どもにとって何よりも嬉しいことは、両親が離婚しないことではなく、両親の仲が良いことです。

離婚後に起こる3つの問題

決断した上で離婚を決めても、残るハードルはいくつもあります。

その中でも以下の3つは離婚前に必ず協議しましょう。

  • 金銭の問題
  • 環境の問題
  • 面談の問題

養育費や慰謝料など「金銭問題

銭の問題は、言うまでもなく養育費です。相手の収入なしで生活するのは非常に困難であり、シングルマザーにおける貧困率は5割超えと深刻な状況と化しています。

社会問題といっても差し支えない母子家庭の貧困。これを是正する意味でも、養育費の協議は必ず行いましょう。

取り決めた内容を公正証書にするのも忘れずに。

また、養育費については、あらかじめ取り決めがあったり、裁判で裁定された場合であっても、相手の誠意や経済事情により約束通りに支払われないことも少なくなありません。

引っ越しや片親になる「環境問題

二の「環境の問題」は、子どもの住環境の変化に対し、どのように向き合っていくかが求められます。

子どもにとっては「自分が親を悩ませている原因ではないか」と考え、心身を病んでしまうケースもあります。

両親と共にいるのが一番なので、もし考えられる余地があれば夫婦カウンセラーに相談してみましょう。

ISM調査事務所でもカウンセラー資格を持ったスタッフが対応いたします。

別れても関係する「面会交流権の問題

して最後は「面会交流の問題」です。環境が変わったとはいえ、子どもにとって離婚後も父母の関係は変わりません。

加えて大人の都合で二度と会えないという状況もまた、心に深い傷を与えかねません。

月に1度など日時を決め、別れた相手と子どもを面会ができるように話し合いましょう。

それだけでも、子どもにとっては心の支えとなります。

養育費と同じく、面会交流についても公正証書に残しておくと法的な効力を有します。面会の約束をうやむやにしないよう、しっかり取り決めましょう。

本来であれば、子どもの意思で今後の進路を決められる成年になるまで待つのが一番。しかし、様々な事情によって離婚せざるを得ない現状も承知しております。

ISM調査事務所では差し迫った離婚に柔軟に対応できるよう、弁護士の紹介も行っています。

自分だけではなく、子どもの将来も左右する離婚だからこそ、安易な道を選ばずに家庭問題の専門家へご相談ください。

 

関連記事

 

 


浮気調査の探偵はこちら

無料相談フォーム

ご相談内容入力6項目 (必須項目:5

必須 ご相談内容をお選びください

必須 ご相談の地域をお選びください

必須 ご連絡先のメールアドレス

必須 お名前(匿名可)

任意項目 スムーズでより詳細な返信ができます

任意 電話番号

任意 ご相談内容 5000文字|5000字以内

 

2016/02/16-23:23|カテゴリー: 男女関係トラブル防止|タグ: , , , , , |離婚が子どもに与える影響。子供のためにできる事 はコメントを受け付けていません。